スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グッピーの不完全優性って? 

台風18号ひどかったですね~。
皆さんは、被害大丈夫でしたでしょうか?

この記事を書いている最中、停電が3回。そして、倉庫のビニールがはがれて大変なことになってしまいました。
おかげで、何度も記事を書きなおすことになってしまいました…(+_+)

ところで、「ムラサキのおさらい」を続ける前に、前回の宿題でもあるRrについて、少し脱線したいと思います。

Rrと言えば、「不完全優性」という事象ですね。

高校の生物では、不完全優性の代表としてオシロイバナやマルバアサガオの花の色が出てきます。

RRで赤、Rrでその中間色のピンク、rrで白

これは、赤を作る因子がダブルで赤、半分でピンク、無い時は白というようにとても分かりやすいです。

ところがグッピーでは、RRレッド、Rrブルー、rrブラオ

これを初めて知った時に、????…

になった人はいると思います。

これが、RRレッド、Rr薄い赤、rrグレーなら素直に理解できますよね。

グッピーを昔からやっている人は、RRがRrになったらブルーになるというのは、疑問を持たずに理解している方も多いかと思いますが、実はかなり理解しにくい現象であるのです。

だから、「グッピーの遺伝は難しい」と感じてしまうのも無理がないと思います。
かくいう私も、なんだかしっくりこない気持ちをずうっ~と持っていたのです^^;

「不完全優性」というと、何か特殊な遺伝だと感じる方もいるかもしれませんが、実は熱帯魚の世界ではよくある遺伝形質の一つです。

まずは、下の写真をご覧ください。
s-IMG_3133.jpg

エンゼルフィッシュのベールテールという形質の魚です。

特に「尾びれ」に注目して頂きたいのですが、右上の魚よりも左下の魚の方がより長く伸びているのが分かるかと思います。

これらの個体はどちらもベール因子(ロングフィンにする因子)を持っているのですが、

右上の個体はベール因子がヘテロ(Vv)
左下の個体はベール因子がホモ(VV)

となっています。

ベール因子がホモの個体は、もっと成長するとヒレ先が「ぼさぼさ」になってとても売りづらい魚になってしまいます。
ですので、私の所でブリードする時は、Vvとvvの個体で子供を取るようにしています。

ちなみに、アメリカでは、VVはスーパーベール。Vvはベールと区別するようになっています。

「色」についての不完全優性は、ラミレジーの例が大変分かりやすいです。

s-IMG_2331.jpg
こちらは、ノーマル体色

s-IMG_5893 (2)
こちらは、コバルト体色のラム

s-IMG_3176.jpg
そして、その中間色のメタリックラム

これらのメタリックブルーになる因子をCoとすると

ノーマルはcoco
メタリックブルーはCoco
コバルトはCoCo

かつてコバルトのヘテロをジャパンラムなんていう品種名で呼んでいたこともありましたね。

「不完全優性」は熱帯魚以外の生き物でもよく知られています。
爬虫類の遺伝で、「共優性」というのを聞いたことがないでしょうか?

実はこの「共優性」と「不完全優性」は同義語です。

例えば、ヒョウモントカゲモドキのマックススノーという共優性の品種がいます。
ヘテロでマックススノー
ホモでスーパーマックススノー
になります。

他にも、ボールパイソンという蛇では、パステルやバナナという共優性の品種が知られています。

バナナはヘテロでとても淡い色をしていて、ホモのスーパーバナナはほとんど白い蛇になります。

ホモ=スーパーと名づけるのは、とても分かりやすいですね。

さて、グッピーの「Rr」に戻りますが、

やっぱり、しっくりこないと思いませんか?

このRrの謎に、次回せまりたいとおもいます。

まずは、基本の「不完全優性」を理解して頂きたくて、あえて今回の記事を書かせて頂きました。




よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2014/10/06 18:14 ] グッピー | TB(0) | CM(9)

確信犯ですね。

上でベールテールの説明して、ラミレジィの色の説明の時に
ロングフィンの個体を使うとは...。
[ 2014/10/07 12:38 ] [ 編集 ]

ばれましたかあ~
折角ネタを仕込んどいたのにぃ~~(>_<)

はい、ここのラムは全てロングフィン因子ヘテロです。ラムのロングはエンゼルのベールと同様の働きをするのです。

こういうの好きなんですね~。

折角ですので、解説すると…

メタリックラムのロングヘテロは二重不完全優性になるます。爬虫類業界でいえば、コンボモルフ。こっちの言い方の方が分かりやすいなあ。

これ以上脱線すると本題からそれそうなので、これくらいにしておきます。
[ 2014/10/07 13:19 ] [ 編集 ]

おちごぼれました(((^^;)

そちらは大変だったようですね。
私は東京の北で、カーポートが飛ばないか心配でしたが、幸い被害も無く安堵しました。

今回ついて行けなかったので、少し自習してきました。ですが、調べきれていないです・・・(((^^;) 頭が固くて固くて(ToT)

ベールテールの尾鰭やコバルト色の体色の例ですが、これらは遺伝子量効果により、松竹梅を表現した、半優性の例をあげられたのだと思っています。

で、ベール因子でまずつまづきました。
と言いますのは、常優とされる、エロンゲイティドとの相違が理解出来なかったためです。Faも不完全優性・・・?

正常遺伝子と変異遺伝子のヘテロ接合体は、そのほとんどは遺伝子量効果により、正常遺伝子の表現になりますが、そうならいベール因子とエロンゲイティド因子は何が違うのか? です。

また、爬虫類であげられた、共優性と、先にあげた半優性の定義の違いは、人の血液型でなんとなく理解したつもりになっているのですが、マックススノーの共優性について、時間がなく、今一つ未だ理解できませんでした(((^^;)

固いあたまが情けないですが、久しぶりに今、すごく楽しいです!!
[ 2014/10/07 21:56 ] [ 編集 ]

て!?Σ( ̄ロ ̄lll)

て!?Σ( ̄ロ ̄lll)
遺伝による形質の種類と、遺伝現象をごっちゃにしてしまいました(((^^;)

常優のFaも、?のベールテールも、ヘテロ接合体では不完全優性。なんですね。
[ 2014/10/08 00:02 ] [ 編集 ]

makeさん。思考頂いてどうもありがとうございます。

固い頭は私も同じです(^^)

半優性、いい言葉ですね。

どこを基準に考えるかの違いで、様々な言い方があるんですよね。

だからとてもややこしい…

Faまさに不完全優性です。というか、「半優性のFa」といった方が、一番しっくりくるでしょうか?

つまり、「ヘテロよりもホモの方がより特徴が出る。」ということが理解しやすい。

そうすることで単なる常優と区別しやすいですよね。

それから、血液型のABは不完全優性ともいえますが、正確には、同じ遺伝子領域に2種以上の形質が入ってくるので、複対立遺伝でかつ、AとBの優劣関係は不完全ということです。

あー、ややこしい…^^;

でもややこしいと思っていたことが整理できるととてもスッキリしますよ!

スッキリして頂ける人が少しでも増えて、グッピーの面白さを再確認して頂くことが一番の目的です♪

[ 2014/10/08 10:47 ] [ 編集 ]

仮クリアf(^_^)

「半優性のFa」。「ヘテロよりもホモの方がより特徴が出る」。なるほど理解しやすいですね!!

共優性としてあげた血液型、複対立遺伝子はたぶん理解OKです。

マックススノーの共優性は、やっぱり半優性の方がしっくりきます(((^^;)

と言いますのは、共優性としてあげた血液型は、まさにスーさんのおっしゃる通りで、「複対立遺伝でかつ、AとBの優劣関係は不完全 」だからです。

マックススノーは、たぶん対立遺伝子で、だから優劣関係もハッキリしており、ヘ テロで中間的な発現を見せることから、共優性よりは半優性の方が妥当ではないか?と、考えていて、そこから先に進めませんでした。。。(ToT)

で、もしかすると。。。汗
共優性と不完全優性が同義語とのことですので、半優性っていうのは、普通使わない用語? なのかなぁーと思いはじめました(((^^;)

共優性で脱線してしまいそうなので、後は自習で頑張ります。

と言うことで、不完全優性の基礎、仮クリアでお願いしますf(^_^)
[ 2014/10/08 20:04 ] [ 編集 ]

複対立でなければ、半優性が一番しっくりくる表現だと私も思います。不完全優性の言葉がどうしても古典的かつ、教科書的ですが、かえって分かりにくいのであれば、不完全優性という言葉をあえて使わないのもいいかもしれませんね。

共優性も複対立のニュアンスが少し残りますしね。

おかげで、私の方もスッキリしました。
よいご指摘ありがとうございました。

とりあえず、ここまではクリア頂けたようなので、次に進みたいと思います。
[ 2014/10/09 22:42 ] [ 編集 ]

ずず

モヤモヤ解消。
私も半優性が一番しっくりくる表現だと私も思います
[ 2014/10/20 21:04 ] [ 編集 ]

ご意見、ありがとうございます!分かりやすいのが一番ですね。これからは、半優性でいきましょう♪

[ 2014/10/21 08:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://picuta.blog51.fc2.com/tb.php/92-fcb927ce








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。