スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シーフードショー 

先月ですが、シーフードショー(食用に採取、養殖されている海の生き物展)に行ってきました。ピクタで食用の魚も扱うつもりかというと、そうではなく、展示に使う水槽の設置依頼を受けての参加でした。900の海水を3本。しかも午前中にセットするというハードなスケジュールの中、何とか設置してきました。

2012-07-17-.jpg

本当は、好きな魚だけを殖やしながら生活できればいいのですが、それは道楽との紙一重。時に舞い込んでくる出稼ぎは、それはそれはありがたいものです。(^_^)

ピクタでは、売れないグッピーを量産しているので、こういう出稼ぎで補填しておかないと干からびてしまいます。

2012-07-20 12.49.33

展示会の最終日、撤収の為に早目に会場入りして見学していると、興味のある物を発見。
「脱窒」これは、魚飼育の永遠のテーマですね。

かくいう私も、これに関しては散々色んなことをやりました。勿論継続中のものもありますが…なかなか手強い相手です。

この展示されていた装置の仕組みはシンプルです。

脱窒槽に流す水を、酸化還元電位センサーの付いた水中ポンプでON/OFF制御するというものです。硫化水素の発生する手前でポンプを回すので、リスクも少なそうです。

話しを伺うと、すみだ水族館にも導入されているとのことです。すみだの脱窒はどこの装置を使っているのか気になっていただけに正体が分かってすっきりしました。ただ、硝酸塩濃度は20mg/lが今のところ限界だそうです。更なる性能アップ目指して取り組んでいるとのことです。将来に期待したいですね。

2012-07-20 18.11.31

面白そうなセミナーがあったので、こちらにも参加してきました。題目は「陸上養殖セミナー」。

淡水魚の世界では、金魚やメダカを始めニジマスに至るまで各所で行われていますが、海の生き物となるとなかなか成功例が少ないようです。しかも循環水を利用するということも前提ですので、ハードルが高い訳です。海に囲まれた日本で、どれだけの必要性があるのかという疑問もありますが、海の養殖も適地は殆ど埋まっていて、沖合に出るしかないそうです。また現状の養殖は、残餌や糞尿の海上汚染問題が深刻で、これといった解決策が無いため、法的措置がなされていないのが現状のようです。

陸上養殖では、循環水を利用するのが前提の為、汚染の処理もセットで考える必要があります。脱窒の技術に決定打がない為、植物栽培と魚の養殖をセットにしたプラントを建設し、養液として処理水を使ってはどうかという提案がありました。

また、陸上養殖の最大の問題はエネルギー問題だそうです。温度管理、流す水のポンプなどなど。いかに省エネにできるかも、実用化の重要な点です。私も見習わねばと思いました。

また、陸上養殖のメリットとしては、天候に左右されずに安定供給できる点と病気の持ち込みが少ないということもあげられていました。病気に関しては、SPFの種苗が確立されているかどうかも大事な点とのことです。観賞魚でSPFはちょっとなじまないですが、詰め込んで飼育する故のことなんでしょうね。どんな生き物もそうですが、病気の原因の主因はストレスです。観賞魚はゆったり飼育したいですね。

他にも色々と参考になる話がありましたが、これくらいにしておきます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2012/08/10 00:05 ] イベント | TB(0) | CM(3)

k

脱窒ですか。
2chのスレで炭素源添加で脱窒するってのがありましたね。
結局独立して商品化までしたようですが、1式のセットが高すぎて家庭で小規模にやってるユーザーにはなかなか手の届かない値段でした・・・。
http://aquatting.com/
[ 2012/08/10 02:50 ] [ 編集 ]

脱窒私もいろいろやりました。
水槽レベルならアモナックスが
利用できそうなんですが、
アモナックスの手に入れ方がわかりません。
BICOMを売っている会社は
ノウハウもってそうな感じですが。

細かい砂を使った間欠エアレーション
なんかよくやりました。
ただ取れてるかどうかわかんないんですよね。
従来の消化脱窒の場合、
水槽の中に同所的に嫌気好気状態を作るってことが難しいですね。


メタン発酵によるメタンガス利用爆発したら怖いので
山の中で試してみたいなと思っています。
プラント的には実用化されているので
どうやったら良いのか考え中です。
法的な問題もまだ調べていません。

中国の田舎で日本企業が
売り込んだりしていましたよね。
CO2マネーでしたっけ。
それを利用してメタン発酵ガスコンロシステム。

当然燃料は糞、水槽の底の汚泥、餌の残りです。

意外と薪はすぐなくなります。
徳島県上勝町で薪ボイラーを見学しましたが
全自動でも維持管理が大変そうでした。

まだ、夢想段階です。


[ 2012/08/11 03:55 ] [ 編集 ]

kさん、

激糖君のスレは、私も見ていました。しかし、その後どうなったのか心配していたら、紹介して頂いたサイトを作っていたんですね。情報ありがとうございます。まだ、実働していないようですが、きちんと準備をしているのか、頓挫してしまったのか?脱窒系のものは、再現性というのがネックになると思ってます。理屈と実績を構築した後の問題が、商品化につきまといます。

ミクロkさん、
アモナックスですか?そんな菌がいるんですね。
上手く住まわせる技術が確立したら有効かもしれませんね。

バイオガス、実は私もやろうとして、10年前に4m×8m×2mの巨大な袋を購入しました。結局、4m×2m×2mの巨大な穴を、シャベルで2ヶ月かけて手掘りましたが、色々と考えた末、途中で辞めました。

最近思うのは、わざわざ燃料を作るよりも、素材そのものが持っているエネルギーを直接使った方が結果的にエコになるような気がしています。家畜の糞も自然乾燥した後に燃やしたり、その熱で小型蒸気タービン発電するなど、工夫をすることでもっと簡便にエネルギーを得られるのではないかと?

鶏糞を使った物では、こんな取り組みもあります。
http://jlia.lin.gr.jp/magazine/vol38/001.html

勿論、エネルギーを手軽に使えるという点では、燃料は代替できるものではないですけどね。

バイオガスのメリットも当然あると思っているので、何か良い方法があったら教えて下さい。

薪は高度な加工がなくてもそのまま使えるので、プラントを建設するコストを考えたら、一番現実的かな?と考えています。どんな技術にしろ、手間とは付き合っていかなくてはと思います。その手間は、人の性格や地域などによって変わってくると思います。いずれにしても、エネルギーを得る手段は多様であった方がいいと私は思います。

[ 2012/08/17 10:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://picuta.blog51.fc2.com/tb.php/65-f8ffc63c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。