スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

面白いタキシードの紹介 

先日、アクアライフのメダカ特集が発売されました。

グッピーは勿論、日本メダカ、その他のオリジアスの解説もついているので、なかなか面白いですよ。まだ読んでない方は是非読んでみて下さい。

特集の中で注目されていたハイドーサルですが、私はまだこの系統を一切いじってません。面白い系統だと思いますが、Fa以外のもともと背びれの大きい系統が国内にも複数存在します。個人的には、どのような遺伝形質なのかが気になりますね。

「多分常優」という解説がありましたが、そうなんでしょうか?知っている方がいたら教えて下さい。

ハイドーサルに対抗するわけではありませんが、隠し持っていた系統の一つを紹介したいと思います。

p-8728.jpg

ただのレッドテールタキシード?

p-8745.jpg

背面からの写真

これを見て、何か違う雰囲気を感じ取った方は凄いです。

実は、プラチナタキシードです。

なーんだ、Yプラチナの♂にXタキシード♀を交配すれば、だれでも出来るごくありふれた組み合わせじゃないか…なんて思う方もいるかもしれません。

でも、そんな単純なものをわざわざ面白いタキシードとしては紹介しません。

このプラチナタキシードは、Y染色体にプラチナとタキシードを両方固めたものなんです。

つまりY型のプラチナタキシード。

10年前のY型のプラチナジャパンブルーを作った時は、どうしてもWソードにしたいという思いで固めました。

今回も勿論同じです(^_^)

でも、Y型のタキシードは既に存在しているし、だれもタキシードをダブルソードにした人はいない。そもそもタキシードはソードにならないのでは?

というのが通説でしょう。

ということで、地道なチャレンジを続けました。

と同時に、スピアテール化にも取り組みました。

結果、Y型プラチナタキシードのスピアテールが先に完成。

p-8709.jpg

綺麗でしょ♪しかも抜群の固定率。

若い個体ですので、尾の先はまだまだ伸びます。
※同じような品種が既に流通していますが、既出の遺伝子構成は、ソリッド因子を持ったY型タキシードですので、お間違いないよう。タキシードはソリッドがヘテロでも頭が光るのです。

ダブルソードは?

Y型プラチナタキシードダブルソード2
こんな個体とか…

Y型プラチナタキシードダブルソード
これが今のところ精一杯(^^;
ここまでくるのに相当苦労してますので…

ダブルソード化へのチャレンジはまだまだ続きます。

このY型プラチナタキシードですが、非常に使い易い系統です。
どんな♀にかけてもプラチナタキシードになるのですから。
しかも、プラチナ特有の尾筒を暗い色にする効果もあいまって、タキシードの黒い部分がより映えます。

Xタキシードの♀を使えばダブルタキシードの効果も期待できかも?

ちなみに、この赤い尾ビレもY型です。

他のバリエーション(ラベンダーバージョンとか、モザイクとか)はまたいつの日かお披露目したいと思います。

次回は、みんなが気になる?ムラサキ色の遺伝をちょっとだけ紹介したいと思います。解明するのに4年もかかってしまいましたが…






よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2011/04/16 20:05 ] グッピー | TB(0) | CM(4)

お久しぶりです。

背の光り方が素晴らしいですね!
是非pp持ちの表現も見せてください。
[ 2011/04/16 21:19 ] [ 編集 ]

お見事

Yタキは黒が出やすいと言うか、模様が作れるタキシードだと思っておりましたので、赤一色に抜けるとは思いもしませんでした。尚且つ黒を隠し持つプラチナ!
作り方を教えてもらっても、再現できないぞ
[ 2011/04/17 09:14 ] [ 編集 ]

隠し玉、ついに登場ですね♪
出来そうで出来ない素晴らしいY型ですね。
これによりまたいろんなバリエーションが楽しめそうです。
[ 2011/04/17 21:45 ] [ 編集 ]

lyreさん、
お久しぶりです。

偶然にも、頂いたピンテールが大量に産まれたところです。正直、もう駄目かな?と思っていたんですが、やっとコツが分かりました。

しかし、どうしましょう(^^;

ただでさへ、水槽が足りないのに…

ppはやっぱり、lyreさんがやってくれなきゃ♪
こちらは、検定水槽で一杯一杯。

pp化はまだまだ後になりますので。

がっぴさん、

早速見て頂き、ありがとうございます。
面白いでしょ(^_^)

それから、紫尾の顕微鏡写真。是非がっぴさんの方から発信して下さい。(私の方からは紹介するつもり無いので)

お陰で、あの表現をする因子の遺伝法則が分かりました。どうもありがとうございました。

勿論、Red Angelさんにも、感謝です。m(_)m

よこちゃんさん、

ありそうで無かった形質ですよね。
この因子で、色々と遊んでもらえれば、うれしいです。綺麗なタキシードのバリエーションが一気に広がる可能性を秘めてます。











[ 2011/04/18 15:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://picuta.blog51.fc2.com/tb.php/49-e670f1dd








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。