スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

成田空港のマグロ 

私は熱帯魚の輸入通関の為に、毎週成田空港へ出かけます。

成田空港


そこで、様々な輸入生鮮貨物を目撃しますが、その中でもやたら目立つ品物が「Fresh Tuna」です。何のことかと言えば、今話題のマグロです。通関業者に伺ったのですが、なんと、成田空港の生鮮輸入貨物の1/4がマグロで占められるそうです。世界のマグロの80%を消費するとまで言われている日本は、世界中の海から実に沢山のマグロを輸入しています。

蔵置場所に置かれたマグロ


実は私もマグロの影響を受けることがあります。

例えば、スリランカから魚を輸入する時に多いのですが、「飛行機の到着日が遅れます。」との連絡が入ることがよくあります。「どうしてですか?」との問いに、「飛行機にマグロが満載で、熱帯魚が入らない…」なんだそうです。

えっー!そんなにマグロは採られているんだと最初はびっくりしてましたが、なんでマグロが優先されるのかと疑問に思うことも。色々とマグロについて話しを聞いてみると私が輸入している熱帯魚の金額とは桁違いなんですね。

マグロが満載されたトラック


国にもよりますが、輸出入の時に発生する税金というのがあります。日本で言えば、消費税。これは、普通の消費税と地方消費税という2種類がかかるのですが、おおざっぱに言うと、消費税が4%、地方消費税が1%かかります。かりに1000万円分のマグロを輸入すると、40万円の消費税が国に。10万円が千葉県に収入として入ります。

空輸では、入れれる魚の量に限界がありますが、船便で輸入している知り合いの水産業者に聞いた話では、1コンテナ数億円だそうです。

かりに、1億としても、税金だけで500万。まあ、多いと思うか少ないと思うかは判断が難しいですが、少なくとも私の支払っている税金に比べれば、桁違い。しかも、私が輸入している熱帯魚は運賃の殆どが水。マグロは正味ですから、その量も金額も凄いものがあります。

マグロはおいしいですが、もうちょっと控えないと本当にいなくなってしまう気がしてしまいます。

空港で垣間見てきた、マグロの現状でした。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2010/03/23 14:43 ] 貿易 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://picuta.blog51.fc2.com/tb.php/27-2474dffa








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。