スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009年10月までのグッピー育種進行状況 

ナゴレプも一段落し、いよいよ私にとってのグッピー育種シーズンが始まります。

春から秋の暖かい季節は、植物の育種の方で時間をさかれています。だから、植物の管理がほとんど無くなる冬場がもってこいというわけです。

※植物の方も、いずれこのブログで紹介したいと思います。

勿論、グッピーを夏場は全然やってないわけではなく、機械的にこなすことのできる最低限の交配(育種ラインのみのことで、生産ラインは別)はやってますし、グッピーの生産販売の方も同時進行でやる必要はあります。特に最近は、国産グッピーの注文が増えていて、毎週300~450ペアほどを全国のショップ様に出荷している状況ですので、植物とグッピーで今年の夏は本当に忙しかったです。

そんな合間を見て作ったのが、今回紹介する数品種です。

独創的な物はないので、マニアの方にはつまらないかもしれませんが…

まずは、モルフォアメリカンホワイト
モルフォアメリカンホワイト

別個体のモルフォアメリカンホワイト
モルフォアメリカンホワイト

ラズリーにアメリカンホワイトをかけて、青白のグッピーを作ったらきれいだろうなあーという考えは、多くの人が描く交配例だと思います。

しかし、それをやってみると…
ラズリーアメリカンホワイト
このように、体の中央が色抜けしてしまうんです。(T_T)

まあ、これも綺麗といえば綺麗ですが。

モルフォについては、まだきちんと発表できる状況ではないので、今回も詳しく書きません。たぶん、来春には、きちんとしたデータを取った状況で発表できると思いますので、もう少しお時間下さい。遺伝的な構成をはっきりさせないと、混乱のもとですので。

次は、3年前から取り組んでいるバイオレットグラスバイオレットグラス
2008年5月号のアクアライフでパープルグラスとして写真が出ていたのを覚えている方がいるかもしれません。この当時、かなり問い合わせがあった系統なんですが、その時はまだ、きちんとした固定が出来ていませんでした。

ようやく、3年かけて固定出来ましたので、ここに少し紹介させて頂きます。

今話題のガラスのブルーグラスと同様、赤の全く出ない系統で、子供は全て紫色になります。
ボディーも紫色で大変綺麗な組み合わせだと思いますが、いかがでしょう?

バイオレットグラスとガラスのブルーグラス
※中央がガラスのブルーグラス。上下はバイオレットグラス

パープルからバイオレットに変更したのは、パープルは別系統で誤解を招くと考えたからです。

バイオレットも誤解を招くのでは?という考えの方もいらっしゃるかもしれません。これは、アイボリーとバイオレットが同じか?という点にも展開する話になってしまいますね。私自身、アイボリーをいじったことがないので、この冬に少し検定しようかと思っています。下地の色の違いだけなんでしょうか?
はたまた、複対立なんでしょうか?散々バイオレットを交配した中では、アイボリーは一匹も出てこなかったので、この疑問を是非この冬解決したいと思っています。

もしも、「この無駄な交配をするまでもないよ」というご意見がございましたら、是非ともお伺いしたく思います。m(_)m

この紫色のグッピーは、数ヶ月後のリリースとなります。
その時には、この品種の作出過程を詳しく紹介したいと思います。

以上、かいつまんでの報告でした。




よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2009/10/10 02:14 ] グッピー | TB(0) | CM(7)

よく似ています

ご無沙汰しております。
ラズリージャパンブルーとよく似ていますね。
はじめて、私は
普通体色にしてみました。
今後の展開を楽しみにしています。
[ 2009/10/10 14:28 ] [ 編集 ]

ご無沙汰しております(^0^)
私も2年くらい前に青白の組み合わせはキレイなんじゃないかと思い、ラズリーアメリカンホワイトを作ってみましたが、ノーマル、ゴールデン、アルビノともあまりインパクトのあるものが作れずにガッカリしました。自分の育て方も悪かったのかなとも思っていましたが、最近グッピー専門店にいた個体を見ましたが、やっぱり、、という感じでしたね。やはりアメリカンホワイトの尾筒の占拠部位の物足りなさのせいでしょうか。
でも、このモルファを使った交配やターコイズを使った交配にすれば、その欠点が改善されて、かなり洗練されたお魚に変身してくれるみたいですね♪さすがです。
バイオレットモザイクについては、以前ドリームシアターさんがリリースしていた魚を持っていたことがありました。あのバイオレットモザイクはあきらかに他のブルー系グッピーとは違う色彩をしていました。最近は全然バイオレットじゃないバイオレットモザイクしか見かけないため、なんとか復刻できないかと思って、アイボリーと普通のモザイクの交配をしてみましたが、バイオレットにはならずに、アイボリーの色彩になってしまいました。本来ならば、下地を変えてどう変わるのかを試していくべきでしたが、多忙にて手が回らなくなってしまいました(いつも中途半端(泣))
まったく参考になる意見が言えなくて本当に申し訳ありませんが、いずれにしてもスーさんがバイオレットの色彩を目指して頑張ってらっしゃったことをとてもうれしく思います。今後とも期待しております♪(とプレッシャー与えてみたりして ^^ )
[ 2009/10/10 14:35 ] [ 編集 ]

ミクロKさん、コメントどうもです。
色彩はラズリージャパンにやはり近いのでしょうね。
ただ、ラズリージャパンだとアメホワは入れれませんよね。検定作業が手間取っている関係で、なかなか聞きたいことも聞けないのですが、そのうち質問すると
思うので、その時は宜しくお願いします。

よこちゃんさん、

やっぱり、ラズリーアメリカンホワイトやってたんですね(^_^)

おっしゃる通り、アメリカンホワイトがタキシードのようにかぶってくれれば、言うこと無しなんですがね。

以前にお話したかもしれませんが、このタイプを作っていたのですが、例の事件で絶やしてしまったんですね。もったいない(泣)。

また、そちらの方はチャレンジしているので、再現できればいいと思ってます。

バイオレットの件ですが、諸先輩方は同じというお話が多いようですが、では、バイオレットとアイボリーはどのようなメカニズムで色分けされていくのでしょうか?

その辺を突っ込みたいと思ってます。

しかし、この手の交配は本当に地道な作業ですし、お金にもなりませんね。水槽が足りなくなる一方です(^^;
誰か、やってる人いないですかね?

そうそう、プレッシャーは大歓迎です。

自分に甘く、怠け者なものですから…
[ 2009/10/10 21:45 ] [ 編集 ]

スゴイ。すごすぎます。初心者なもんで。                                      何もかもすごい。
[ 2009/10/13 19:18 ] [ 編集 ]

るんばさん、こんにちは、

何もかもなんて、とんでもないです。(^^;

グッピーって面白いと思ってもらえれば、幸いです。誰でも、チャレンジできるものですから…。

一定のルール中での組み合わせは、正直無限にあります。時々、ルールを無視した出来事も起きます。これがまた、このグッピー育種を面白くもしています。

これからも、グッピーはどんどん進化していくと思います。終わりが無い趣味ほど、長続きしますよね。

新しいルールと素材をこれからも、提供していきたいと思ってます。
[ 2009/10/14 07:43 ] [ 編集 ]

こんにちは。
すみません、スーさんからのメールは届いたのですが、こちらのパソコンアドレスからの送信はやはり戻ってきてしまいますね^^; 携帯からも送ってみましたが届いてますでしょうか?
[ 2009/10/17 16:30 ] [ 編集 ]

よこちゃんさん、

携帯のは届いてます。
お気遣い頂き、ありがとうございます。

近いうちに返事しておきます。
[ 2009/10/18 23:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://picuta.blog51.fc2.com/tb.php/21-31d06ec6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。