スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ターコイズブルーゲッコー孵化 

ターコイズブルーゲッコー ベビー


今年の3月に輸入したターコイズゲッコーですが、飼育後1ヶ月で産卵。

そして産卵後2ヶ月で、待望のベビーが誕生しました。

繁殖は易しいだろうと噂されていましたが、確かに易しい部類に入ると思います。

ソマリコノハカメレオンと同じ感覚です。分かる人には分かると思います。(^_^)

ターコイズブルーゲッコー 卵

孵化後の卵の殻

産卵は、人工の植物の葉の隙間に産み付けられました。

管理はビバリウム内で行い、時々霧吹きをかける程度です。

餌はミネラオーロをまぶしたイエコをメインで与え、時々昆虫ゼリーを与えてました。

ターコイズブルーゲッコー

本当に美しい昼行性ヤモリなので、CB化をどんどん進めて行きたいですね。

孵化後の幼体もイエコの小さいのを初めから食べれました。

この卵を産んだ親は1ヶ月後に2クラッチ目の卵を2個産んでます。

何かの参考になれば幸いです。

他の所へ行ったヤモリ達も繁殖成功していることを期待します。

ところで、このヤモリ。市販されているケージでは全て脱走してしまいます。

レプロを使う場合は、引き戸の隙間をふさがないと駄目ですし、エキゾテラではガラスの隙間を塞いだ上で、コードの入る隙間も埋めないと駄目です。

一体皆さんはどんなケージで飼育しているでしょうか?

私のところでは、隙間を塞いだケージとプラケースを改造したケースの両方で飼育してます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2008/06/19 09:04 ] 繁殖 | TB(0) | CM(8)

卵の管理について

はじめまして。
突然ですが・・・
我が家のブルーゲッコーも今、卵を産んだのですが
霧吹きをかける時に卵に直接かけても大丈夫でしょうか?
プラケースの蓋に産んでいたので
どうやって管理しようか悩んでます・・・
[ 2008/09/08 03:17 ] [ 編集 ]

キラさま、
はじめまして。

産卵、オメデトウゴザイマス!

このヤモリ、結構変なところに産んでしまうんですよね。産卵場の検討は今後重要だと思っています。他の爬虫類と違って、卵を移動させることが困難ですから…。

”これは”というものがあれば、是非共有できたらと思います。何かアイデアがあったら教えて下さい。

さて、霧吹きの件ですが、直接かけて全然問題ないです。私は毎回、普通にあたるように霧をかけています。

但し、霧吹きをするのは毎日ではないので、基本的には乾いた状態を維持しています。プラケースで底になにも湿度を保持するものがなければ、湿らせたキッチンペーパーを丸めてプリンカップにでも入れておくといいと思います。

孵化したら、また是非教えて下さいね。
[ 2008/09/08 13:57 ] [ 編集 ]

アドバイスありがとうございます。
孵化するのかどうか・・・
頑張ってみます♪
またいろいろご指導よろしくお願いします。
[ 2008/09/16 00:17 ] [ 編集 ]

幼体の飼育について

はじめまして。
私のところでも何度も産卵しまして順番に孵化が始まっておりますが孵化後のベビーの飼育環境を教えて頂けますでしょうか。
1番目に孵化したベビーはプラケースに移し
昆虫ゼリーと大きさに合うイエコを投入してましたが
食べる事無く3週間ほどで×になりました。
温室管理してます。
最近2匹孵化しましてまだこれから生まれてくると思います。
宜しくお願いします。
[ 2009/01/10 23:44 ] [ 編集 ]

幼体の飼育

しゅう様、
書き込みどうもありがとうございます。

ターコイズゲッコー孵化したんですね。それは本当に良かったです。現在私の所も順調に繁殖が成功していて30匹くらいの幼体がいます。

幼体の飼育についてですが、実は私も最初の個体は×にしてしまいました。その後工夫を重ねて今の所うまく行っている状況です。

でも、まだ親にまではしていないので、これがベストというのは掴めていません。

実は、幼体が死んでしまったというのは、他の人からも聞いている話です。それもハイマニアの人で。他にもこの段階でつまづいている人がいるのではないかとも思います。

今のところうまく行っている飼育環境ですが、プラケースのSサイズを使用。紫外線の出る蛍光灯を1灯設置。中には小枝と人工の植物を入れてごちゃごちゃになるようにしています。

餌はイエコとゼリーのみ。霧吹きは一切しないで、ピクタの自動給水器Ver7ミニを1個設置しています。水入れは設置していません。

それと気をつけなくてはいけないのが、餌切れです。ヒルヤモリの話ですが、幼体は餌切れに弱いと洋書に書いてありました。確かに、代謝が激しい生き物だと思いますので、その辺を注意するのが良いかと思います。

詳しい様子は、後日ブログで紹介する予定です。

参考になるか分かりませんが、幼体の飼育頑張って下さい。

また、報告楽しみにしています。

[ 2009/01/13 10:51 ] [ 編集 ]

様子を1月14日のブログに紹介しました。
宜しければ、ご覧下さい。
[ 2009/01/14 10:11 ] [ 編集 ]

大変参考になりました!

ベビーの飼育環境詳しく教えて頂きありがとうございました。
大変、参考になりました。ブログも拝見させてもらい写真も分かりやすくて嬉しかったです。
ピクタ様の自動給水器は以前、三個購入させて頂き
コオロギに使用させて貰ってます。
また追加でお願いするかとは思いますが
宜しくお願いします。
ありがとうございました。
[ 2009/01/14 23:26 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/02/10 13:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://picuta.blog51.fc2.com/tb.php/10-8d252d62








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。