スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グッピーのRr半優性とは?その3 「赤と黄色の関係」 

前回、赤と黄色をセットで考えてみる必要があるとお話しました。

とは言っても、一体どう考えればよいのでしょうか?

頭を使うのは得意ではないので、
まずは観察からはじめたいと思います。

顕微鏡・デザインナイフ・ピンセット等を用意し、レッドグラスを解剖して写真を沢山撮っていきました。

まずは、レッドグラスの
s-ハイドレッドグラス尾ビレ400透過2
赤い粒粒。つまり赤色素胞が沢山。
密度は、所によって違う。
そして、赤が沢山ある所には黄色がない。
そんな感じです。

次は、。表皮を薄くはぎとって、鱗の裏側から撮影。
s-400倍裏から
なぬっぅ~!

赤の中に黄色が…

これは一体どういうこと????

尾と体の色素胞の構造が違うのか?
いや、実は同じ構造で、見え方が違っているだけなのか?

体だけ特別というのは考えにくいと思ったので、

「見え方が違う」という予測の元に、
赤い色素胞の構造をあるお菓子を例に想像してみました。

そのお菓子は「かもめの玉子」です。知ってる人いるかな~
s-IMG_5314.jpg

s-IMG_5316.jpg
袋からだすとこんな感じ。

s-IMG_5313.jpg
このように、3重構造になっています。

で、これを元に実際のお菓子に赤色素胞を対応させてみると…
s-IMG_53182.jpg
ホワイトチョコが細胞膜 これが透明だったらもっと良かったのですが…
カステラが赤色素顆粒 分かり易くする為にイチゴジャムで着色しております。
黄身餡が黄色素顆粒
のような構造になっているのではないかという予測です。

つまり、でただの丸い点に見えていた状態は、
s-IMG_29821.jpg
注射器が尾の骨と考えてみて下さい。骨の型枠の間に球体があれば、ただの丸に見えるのではないかということです。
※骨の上にある赤い点は、ピントが合っていないので、判断の対象とはしていません。

それに対しての方は、
s-IMG_2984.jpg
こういう押しつぶされた状態ではないかと…
※本来透明であるはずの部分が白いチョコレートになっている点は申し訳ございません^^;

つまり、カバーガラスで押しつぶされて、中にある黄色が見えていたのではないかということです。

つぶし過ぎてもいけないと思ったので、
尾の骨を片側だけ残した標本を作成し、
大量のカバーガラスの重みで押さえて写真を撮ってみることにしました。

つまり、
s-IMG_2983.jpg

こんなイメージです。

尾の色素胞が体と同じ構造であるならば、

予測として、

尾の近くは、丸
少し離れたところは2重構造
もっと離れたところは潰れている状態。

のようになると考えられます。
s-IMG_2971.jpg

尾の片側の骨を外し、カバーガラス8枚重ねでいざチャレンジ!

s-400.jpg

おおっ~、
骨から少し離れたところの色素胞には、体でみられた中心に黄色のある構造が確認できます。もっと離れた所は潰れているのも予想どおりです。

カバーガラス8枚重ねの効果で、画像が不鮮明ですが…

つまり、グッピーのレッドグラスという品種においては、
赤い色をした色素胞は、「体」も「尾」も赤と黄色がセットになって存在している構造であることが確認できたわけです。

この観察結果が特殊なものであってはいけないので、文献も当たってみることにしました。
s-IMG_2981.jpg
こちらの「色素細胞」 という本によると、

「黄色素胞と赤色素胞は、色調から厳密に識別することが難しいことや、動物種によっては同一細胞内に性質の異なる赤色と黄色の2色の色素をもつもの(赤・黄色素胞の用語がある)があるので、1群の色素型として扱うこともある」

と書かれています。

おおっ~、これですかね。
グッピーの赤い色素胞は「赤・黄色素胞」?

こちらの文献には、http://www.ne-lab.umin.jp/Oshima2003CPB20p131.pdf

1つの色素胞は通常, 黄色素顆粒あるいは赤色素顆粒のどちらかを含有するが, ソードテールやプラティフィッシュなどの赤色素胞内には両者が共存しているので,本来, 赤-黄色素胞と呼ぶべきものであろう。


「赤-黄色素胞と呼ぶべき」とまで書かれていたんですね(^^)
グッピーの親戚での話ですから、そこそこ信用しても良い気がします。

勿論、グッピーは多様性の宝庫ですから、赤が全てこの「赤・黄色素胞」と決めつけるのは危険だと思いますが、少なくともレッドグラスという品種においては、「赤色の色素胞」がこの「赤・黄色素胞」というタイプの色素胞であるということが言えそうです。

では、本来の目的である半優性との関係をどうやって説明すればよいでしょうか?

前回のおさらいですが、

レッドグラスは 
ブルーグラスは  
ブラオは          
ということでした。

そして、赤と黄色をセットで考える必要があるとのことでした。
今回その赤と黄色を詳しく観察したところ、赤には黄色がセットで含まれているということが分かりました。

赤に黄色が含まれていたことを考慮すると、黄色を作る因子がRという考えもあるかもしれません。
つまり、
RR 濃黄色
Rr 薄黄色
rr 黄色無

とはいうものの、濃い黄色で赤????という疑問が当然出てくると思います。

そうすると、別の調節因子がそうさせているのでしょうか?

この考察を完成させるには、まだまだデータと比較が必要ですね。
そして、ミクロな世界ばかりに注目しても、「木を見て森を見ず」ということにもなりかねません。

ここまでの結果から、このRr半優性の考察を皆さんならどう料理したらよいと思いますか?
少し、考えてみて頂ければ幸いです。

次回、最終章という形で、Rr半優性の話をまとめたいと思います。長くてつまらないかと思いますが、もう少しだけお付き合い頂ければと思います。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
スポンサーサイト
[ 2015/01/18 19:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

グッピーのRr半優性とは?その2 

グッピーの「不完全優性」いや、「半優性」の話をふっておきながら、こちらの力不足でそのままになっていてどうもすみませんでした。

「不完全優性」という言葉は、やはり分かりにくいので、今後はもう少し理解し易いと思われる「半優性」ですすめていきたいと思います。

グッピーのRに関する半優性について、再度おさらいすると、

Rが赤を作る遺伝子とした場合、RRは赤、rrは赤無 そしてRrがその中間的な表現の薄い赤になる。

しかし、グッピーのRrは、教科書的表現(そんなもんあるのか?)では、薄赤ではなく、「ブルー」になるということですね(^^)

遺伝子の働きと表現形が不明確なわけです。
ある意味、不完全な理解の結果、「不完全優性」という言葉でにごしてきたのかもしれません。
いや、私もその一人でした^^;

理屈はさておき、それぞれの遺伝子型の個体を再度観察してみることから始めたいと思います。

最初は、RRのレッドグラスです。
s-IMG_5186.jpg

少し拡大してみましょう。
s-IMG_51862.jpg

RRですので、レッドは確認できます。
そして、よく見てみると、キラキラ光ったブルーの非常に小さいスポットも同時に観察できます。このブルーのスポットが虹色素胞というものになります。

さらに、細かくみてみます。こちらは、レッドグラスの尾の付け根付近の画像です。
s-レッドグラス40倍2

赤色に交じって黄色(上の方)も確認できるかと思います。

まとめると、
レッドグラスは4色がある状態だと言えるでしょう。
※系統により青の出方には違いがございますことを、予めご了承下さい。

次はRrのブルーグラスです。
s-IMG_5274.jpg

赤は確認できませんね。
レッドグラスの赤が消えて、残りの青が見えていると状態とも言えるかと思います。

ただ、青が強まっているようにも見えますね。
この理由については…

比較的大きな色素細胞である「赤色素胞」が消えることで隙間ができ、青を構成しているより小さな「虹色素胞」が通常よりも沢山作られたり、広がったりしている可能性があるのではないかと推測しています。虹色素胞の角度の変化や他にも理由はあるかもしれません。いずれにしても、赤が無いということだけを理解して頂ければと思います。
※最近の研究では、魚の色素胞には、それぞれに競合関係があることが、明らかになってきています。この話は、また別の機会にしたいと思っています。 

ブルーグラスも、レッドグラス同様拡大してみましょう。
s-ブルーグラス尾付け根40倍2
尾の付け根付近の画像です。

赤は確認できませんでしたが、黄色が確認できますね。
昔のブルーグラスには、黄色の入った尾びれをもつ魚がいた記憶のある方もおられると思います。(最近のブルーグラス洗練されてきて見つけるのが難しいですが…)

RRがRrになることで、赤が消える。しかし、黄色は残っている。ということがいえそうです。

つまり、

ブルーグラスは、の3色がある状態と言えるでしょう。

最後は、rrのブラオ
s-IMG_5224.jpg

ぱっと見、色が極端に少ないですね。

s-IMG_52242.jpg
少し拡大してみると、キラキラ青く光る虹色素胞は確認できます。

尾びれを拡大してみると…
s-ブラオグラス40倍
黒いメラニン以外、殆ど確認できません。
ブルーグラスで見られた黄色も消えてしまっています。

つまり、

ブラオはの2色の状態と言えます。

以上をもう一度おさらいすると、

RRレッドグラス
Rrブルーグラス
rrブラオ     

Rと言えば、Red。すなわち
が問題になっていましたが、rrで黄色が全くなくなるということを鑑みても、黄色の両方を考えていく必要がありそうです。

次回は、赤と黄色の関係にせまりたいと思います。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2015/01/13 12:21 ] グッピー | TB(0) | CM(2)

アクアリウムバス報告 その2 

新しい年が始まりました。
昨年は、いい面でも悪い面でも、色々と変化の多い年でした。
いずれにしても、前向きに行きたいと思います。
本年も宜しくお願い致します!

昨年の話になってしまいますが、前回の続きです。

実は、このバスの日に合わせてギリギリ間に合った新商品があります。

それは、

s-s-IMG_5149.jpg

s-s-IMG_5144.jpg

クリア蓋のプラケース 

ミニサイズ と 小サイズ

クリア蓋プラケは、弊社が特別に頼んで作ってもらっているオリジナル商品なんですが、従来品の「ミニ」と「小」は、ついている透明窓部分のロック力が弱く、カブトムシやトカゲなどが脱走してしまうという欠点を持っていました。

この欠点があることから、ここ数年は商品から除外しておりました。

この度、きちんとロックのかかるリニューアル商品が完成致しました!

このプラケはピクタでしか売っておりません。そしてイベントでも大人気で、数名の方が大人買いされ、あっという間に売り切れました。

初回ロット分は残り僅かですので、使ってみたい方は是非、ピクタのオンラインショップでご購入下さい♪。

新商品ではありませんが…

極綿ドーナツも好評でした。

s-s-IMG_5154.jpg

投げ込みフィルターにウールマットはよく使われていますが、格納容器に入っているものばかりです。

s-s-IMG_3174.jpg

極綿ドーナツは、殆どのスポンジフィルターに装着できます。
ろ材がむき出しですので、メンテも楽です。

そして、

s-s-IMG_3173.jpg
ろ材が白いので、汚れ具合は一目でわかります。

ろ材に溜ったデトリタスは、定期的に取り除きましょう!黒いスポンジだと、汚れているのに気付かないで、目詰まりしてしまうことがよくあります。

見た目で管理できるのは、とっても便利ですよ♪

また、ろ材が分割できるので、新規に水槽をリセットするのも容易です。
s-s-IMG_3171.jpg

調子の良い水槽からドーナツを数枚拝借すれば、いきなりばっちりの水槽が出来上がってしまいます。

この商品の良さは、残念ながらショップではなかなか理解してもらえておりません。これを売ると、他のろ材が売れなくなるからかも?

でも、

こここちらで買うことができます。
宜しければ、是非使ってみて下さい。
このドーナツがあるおかげで、弊社では沢山の水槽を短時間でメンテできております。

見た目から、すぐに駄目になりそうだと思っている人もいるかもしれませんが、普通のウールマットとは全く物が違います。この質感は、ネットでは伝わりにくのが悔しいところですが…

なんか、今回は宣伝ばっかりになってしまいました^^;

これで、アクアリウムバスの報告を終わりたいと思います。

次回は、Rrの話をさせて頂きたいと思います。ようやく、様々な証拠写真が撮れましたので、楽しみにしていて下さい。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2015/01/06 20:55 ] イベント | TB(0) | CM(2)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。