スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラベンダー系統の遺伝子構成 

前回、世の中には、ムラサキ色の生き物が沢山あるといいました。

IMG_0579 (2)
アラバマレインボーシャイナー

今回は、ムラサキの発色メカニズム(これは難しい^^;)へ行く前段階として、数年前に弊社で固定したムラサキ色のグッピー、「ラベンダー系統」についての解説をしたいと思います。

IMG_8368.jpg
ラベンダーグラス

ラベンダー系統を飼育してくれている方がどれだけいるか分かりませんが、遺伝子構成が不明な方もいるようですので、詳しく紹介したいと思います。

ラベンダー系を飼育している方で、こんな経験はないでしょうか?

①ラベンダー同士の交配で、ムラサキ系と青系が出る。
②ラベンダーグラスの♂とガラスのブルーグラスの♀を交配すると、F1は全てラベンダーになる
③同じ交配で、半分はムラサキ系で半分は青系になる。
④ラベンダーグラスの♂とブルーグラスの♀の交配で、ムラサキ、青、赤の3色に分かれる。

このような交配結果を、素直に遺伝子記号で当てはめると????になる人は多いかと思います。
このようなことがなぜおきるのか?

これは、ラベンダー表現が複数の遺伝子からなりたっているからです。

IMG_0530.jpg
コーラルラベンダーアメリカンホワイト

まず、ラベンダーを表現する為に前提となる因子を紹介します。

それはアイボリー因子をホモで揃えることです。遺伝子記号で書くとiiですね。

これは、赤を消す手段です。
Rrでも赤消しができますが、ヘテロ型はどうしても分離してしまうので、ムラサキ系統の固定品種を産み出す出発点としてアイボリーを選びました。

勿論アイボリーだけでは、ムラサキにはなりません。もう一つ必要な因子があります。

これは、今まで知られていなかった因子です。

これをかりに「U」としておきます。なぜUかというと、働きがまだunknown 「不明」ということで。
Uは決定の遺伝子記号ではないので、勝手に使用しないようお願いします。「決めてしまえ」という指摘もあるかもしれませんが、どうしても確かめたい交配が終わっていないので、もう少し待って下さい。今年中には、記号を決めます。

iiにUが入って始めてムラサキになるのです。

p-9725.jpg
Y型プラチナタキシードラベンダーモザイク

Y型プラチナタキシードラベンダーモザイク
Y型プラチナタキシードラベンダーモザイク 2013年3月3日現在の画像
※こちらの品種は、ペアで販売可能です。欲しい方がいましたら、遠慮無くお問い合わせ下さい。

では、この「U」因子は劣性なのでしょうか優性なのでしょうか?

実は優性です。

つまり、Uがヘテロでもホモでもムラサキになるということです。

Uの優性形質が、ラベンダーの固定をやっかいにしている理由になります。
なぜかというと、ヘテロでもムラサキになる為に、Uがホモで揃った個体を表現型から見つけることが不可能だからです。(固定するには、全てホモ化する必要がある)

方法としては、当たり♂(Uがホモ)を探す検定交配をした後に、Uをホモで持ってそうな♀に総当たり交配して当たり♀を探していくという地道な作業の積み重ねになります。

しかも、F1では一見固定されてように振る舞われるので、可能性のありそうな個体群をF2まできちんととる必要があります。

近親交配ばかり続けるとまた別の問題が出てきますし、もともとムラサキを発見したのがモザイクからだったので、グラス化するにはUを持っていない系統との戻し交配もする必要があります。

優性形質Uと劣性形質のiを両方ホモで揃えながら、尾ビレの柄も変更していくのは、とにかく非常に面倒なのです。

結局固定したラベンダーグラスをリリースするまでに3年かかりました。

以上をまとめると、固定されたラベンダーの遺伝子型は次のようになります。

RRiiUU

+/+ i/i U/U こっちの方が分かりやすい人がいるかも?

言い換えると、
「ラベンダーの遺伝子構成は、常劣アイボリー遺伝子がホモで、常優性因子のU(仮称)がホモで揃った系統です。」



※Uは決定記号ではありません。仮説明に便利なので、今後不明なものにも便宜的に使っていくつもりです。

p-4186.jpg
コーラルラベンダーグラス

では、ラベンダーの交配の中で出てくるちょっと?の交配結果を再度みてみます。

①のケース
これは、Uがホモで揃っていないラベンダー系を入手した場合です。Uu型のラベンダーも恐らく流通している可能性があります。これは元親が揃っていたとしても、世代を重ねるなかでUが壊れることもあるからです。

②のケース
これは、ラベンダーグラスとガラスのブルーグラスの構成がU以外同じだから当然優性のUが働いてラベンダーになるわけです。

③のケース
これは、ラベンダーのUがヘテロだった場合です。

④のケース
これは、U因子がRr型でも独立して働く為です。つまりアイボリーが揃っていなくてもムラサキにする力を持っています。
ムラサキのグラスとブルーグラス
左がブルーグラス 右がRrUuIi型のムラサキ系統グラス

極端な話し、弊社の固定されたラベンダーグラスとブルーグラスからでてくるブラオを交配するとF1は全てムラサキのグラスになります。※確認済み にわか仕込みのムラサキ系グラスが大量生産できます(^^;

推測ですが、最近台湾からきているバイオレットグラスやパープルグラスは、ひょっとしたらUを持ったRr型の可能性があるのでは?と私は思っています。

以前のアクアライフに、バイオレットグラスはiiRrでムラサキになっているという記載がありましたが、私は少し疑問を持っています。これに関しては、岩崎さんからバイオレットグラスの♂を検定用に頂いているので、いずれ明らかにできるのではないかと思います。

実は、弊社でも2009年にラベンダーグラスを数ペア台湾に輸出しております。
グッピー310の佐藤さんからも、過去にムラサキ系統のパープルグラスを台湾に輸出したという話しを聞きました。
どこが最初なんていうのは、全く関心がなくてどうでもいいのですが、共通の因子の可能性もあるのでは?と検定作業を楽しんでおります。

※Uは作ったというより、発掘した因子だと思ってます。

次の機会には、ラベンダーがムラサキに見えるメカニズムの解説にチャレンジしたいと思いますが、少し中休みを下さい。

色々と準備したいものがあるので…

更新は続けるつもりなので、またどうぞ見に来て下さい♪


よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
スポンサーサイト
[ 2013/02/22 13:00 ] グッピー | TB(0) | CM(8)

ムラサキへのハードル(グッピー編) 

凍てつく寒さに、めげそうになりますが…

そんなことを言っても仕方ないので、ぼちぼち再開したいなあと思ってます。

20年ぶりの同窓会が開催されるというのを口実に、3連休大阪に帰っておりました。
時間があったので、前から行きたかったこちらへ。
IMG_1130.jpg

神戸の花鳥園です。

生き物に関してはボーダーレスで何でも好きなんですが、「鳥」は結構好きな方。

中学・高校とチャボにはまっていて、一時はかなりの羽数を世話していました。
※グッピーは勿論その時も同時進行でした。

今考えると、住宅街で朝4時からコッケコーなんて鳴いていたのですから、迷惑な話ですよね。

一つ救いなのは、当時私が住んでいた所は周りに家がなく、ニワトリの声がする所へ引っ越してきた人がいたという流れだったので、声がするのは了承済みだったはず?と勝手に解釈しています。

大学の寮を出た後は、家賃2万のボロ一軒家で、空き地に鳥小屋を建て、やはりニワトリの飼育をしてました。大学院の時には、ヒメウズラの種卵を輸入し、ヒヨコを孵し…、畳の上には水槽が15本…、当然畳には菌類が…
決して、鳥や菌の研究をしていたわけではないです。好きなんです(^_^)

脱線すると長くなるので、これくらいにしておきます。(^^;

IMG_0131.jpg

散策を始めると、キンケイの♂が一羽の♀を巡ってもうアタック。それもそのはず、今日は大潮。しかも満潮がせまっている時間です。ソワソワしているんでしょうね。

IMG_0064.jpg

おっ、いました。ニシムラサキエボシドリ。

ようやく、本題のムラサキです(^_^)

このエボシドリですが、鳥の中では珍しく、色素を持っている鳥です。ムラサキの鳥は他にもテリムクやハチドリなんかにもいます。別にムラサキの色素をもってるわけではないですが、同じ鳥でも色々あるということです。
深い突っ込みは無しです。

IMG_0070.jpg

花もいいですね~。熱帯睡蓮が咲き乱れておりました。

よく見ると、様々な色がありますね。
青っぽいのやら、赤っぽいのも。中には、ムラサキ色っぽいのもありますね。

さて、生き物のムラサキ色っていうのは、どのように出来ているのでしょうか?

小さい頃、クレヨンに始まって色鉛筆、水彩なんかを使って絵を描きましたよね。
12色セットには、ムラサキが無くて、「赤と青を混ぜて作りなさい」なんて先生に言われたものです。

水彩絵の具は、ただ混ぜるだけでムラサキになりましたが、クレヨンや色鉛筆の場合、塗り方によってもだいぶ違う色になります。テクニック次第で色の表現の仕方は変幻自在。青い点と黒い点でもムラサキっぽく見えることもあると思います。なんか、使わせる順序が逆じゃないの~。(^_^)

ムラサキ色に見える、または、ムラサキ色に見せるということは単純ではないんです。

じゃあ、ムラサキを構成しているかもしれない青や赤は?

これがまた、色々と…

例えば、この写真をご覧下さい。
まだ完成域にありませんが、青のソード軍団です。

p-92701.jpg

全て違う遺伝子構成になっています。
どれがどれか分かりますか~?私が答えを言うまでに当てた人には、先着1名様にプレゼントします♪

では、赤は?

これも色々とありそうです。

うっ~ん、ムラサキはもっと難しいのでしょうか?

様々な想定が必要になります。

青と赤でできているのか?

青と赤なら、どのように混ざっているのか?

青と黒か?

ムラサキそのものがあるのか?

考えただけで、パニックになりそうですが…

私も、長年パニックになってました。
いや、今もパニックかもしれません。(^^;

でも、こうかもしれないというのはあります。

全く、意味が分からないと次に進めませんから。

こちらの、写真を見て下さい。
p-9228-3.jpg

このムラサキのソードは、長年かけて意図的に作った魚です。偶然ではないですよ。グッピーを長年いじっている人には分かるとと思います。

では、ここまでのまとめです。

・ムラサキには、様々な想定が必要。
・青と赤が各種あるように、ムラサキにも色々ある。
・遺伝的に、コントロールできるものもある。

ようするに、単純ではないということです。
ハードルが高いですね~。

こんな難題にいどもうしているのですから、お手柔らかにお願いします。(^^;

すっきりする内容になるとは思っていませんし、こうであるという結論も出すつもりはありません。

今までは、結論を導いてから情報発信しようと思ってましたが、そうなるには、一体何年かかるか分かりません。
自信がないといえば、それまでです(^^;

でも、こうかもしれないという話しが、皆さんのお役に少しでもたてるなら、また、グッピーの奥深さを伝えることができるなら、情報を発信していく意味があるのではないかと最近思い始めています。

次回から、難しい話はなるべく抜きで、ムラサキのグッピー解説にチャレンジしてみたいと思います。
どこまでできるか分かりませんが、ゆっくりお付き合い頂ければと思います。


よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2013/02/13 15:30 ] グッピー | TB(0) | CM(4)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。