スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラベンダーグラスとオレンジグラスの関係 

先日発売されたアクアライフ11月号を見て、驚いてしまいました。
ラベンダーグラスとオレンジグラスの関係についてです。

以下、アクアライフからの引用です。

「ラベンダーグラスの作出にオレンジグラスが用いられていることが知られてからです。」

「オレンジグラスをアイボリーホモにするとラベンダーグラスになることが知られていますが…」

p-3697.jpg
ラベンダーグラス

ラベンダーグラスを作出した私が言うのですから間違いないことですが、オレンジグラスから作ったという事実はありません。そしてオレンジグラスをアイボリーホモにしてもラベンダーにはなりません。ただし、「ラベンダーがオレンジと関係があるかもしれないという仮説を検定をしている」ということは、以前に記事を書かれた著者も含め一部の人にはお話していました。どこかで誤解があったのかもしれませんね。

それから、もう一つ。

「シルバーブルーグラスの表現はオスのY染色体上にあるシルバー遺伝子の働きによるとされていますが、その後の研究でそうではないことがわかりました。」
と書かれています。

シルバーブルーグラスのシルバー因子についてですが、きちんと調べた人がいないのでは?と思って4年ほど前からいろいろと調べていました。

結果、私の所で10年以上に渡って出荷しているシルバーブルーグラス(従来型といえるでしょう)は、Y染色体上にシルバー因子を持ったブルーグラスという従来の説が確実であることが判明しました。では、なぜALのような記事になったのでしょうか?これについては、現状「系統」が違うとしか言えません。

弊社は市場に従来型のシルバーブルーグラスを相当数出荷していますので、従来型を飼育されている方も多いと思われます。従来型を飼育されている方には、かえって紛らわしい情報になっていました。

という訳で、記事を読んだ後、すぐに記事の著者に連絡を取らせて頂きました。

答えは、「誤解を招く情報なので、アクアライフ1月号にて訂正と謝罪をする」という最善の対応をして頂きました。ですので、私からはこれ以上とやかく言うことは辞めておきます。また、検定材料として著者の系統を譲って頂けるということにもなりました。これについての結果は、分かり次第発表できればと思っています。

では、気を取り直してオレンジグラスとラベンダーグラスについて私が取り組んできた結果を紹介したいと思います。

オレンジグラス
オレンジグラス

そもそもオレンジグラスとは一体何?という方もいるかと思いますのでそこから解説したいと思います。

弊社では、昔からシルバーブルーグラスから産まれるRR型の個体をオレンジグラスとして販売しています。
名前がオレンジという名前になっていますが、オレンジ色をしている訳ではありません。まだ詳しくは調べていませんが、Y染色体上に載っている色を白っぽくする因子が赤と合わさって赤の色が薄く見えているのがオレンジグラスの色です。

Rrにより赤が見えなくなると青に白っぽくなる因子が合わさってシルバーブルーグラスとなっています。

シルバーブルーグラス(ハイドーサル系)
写真は、ハイドーサルの魚と交配して作っている途中のシルバーブルーグラスです。(若魚)

Y上のシルバー因子の存在が分かった私は、シルバーを乗せたアイボリー型のグラスを作ってみたらどうなるかということで、やってみました。使ったのはガラスのブルーグラス♀とオレンジグラスの♂です。

シルバー入りガラスのブルーグラス

F2まで採って、分離しないシルバー系のグラスの完成です。アクアライフの記事では、これがラベンダーグラスということになってしまいますね。
※あんまりいい写真でなくてすみません。

次に、ラベンダーグラスにシルバーを載せたらどうなるだろう?と思って作ったのが次の魚です。

シルバーラベンダーグラス

無地に近い魚に交配すると、
シルバーグラス
こんな感じになります。

ここまで見て頂ければ、シルバー因子はYに載っている因子というのがよく分かって頂けたかと思います。

これを再確認した時に、私は思いました。
なぜ、こんな利用し易い因子をみんな利用していなんだろう?と。尾の柄が粗くなるという欠点はあるものの、まだまだ有効な使い道もありそうです。

まだまだ、グッピーは遊べますよ♪

という訳で、ラベンダーはオレンジと全く関係のないということも理解して頂けたと思います。

ところで、シルバーの表現って、色や性質、そしてその分布状況から何か似ていると思いませんか?

Y型アメホワ
こんな魚に…

写真は、Y型のアメリカンホワイトに色々と混ぜたものです。

アメリカンホワイトの起源は、シルバーにあるのでは?なんて妄想も抱いてしまいます。

そして、アメリカンホワイトはXにも飛びやすいので、系統の違うシルバーはX型になっているのではないかと私は推測しています。いずれしても、系統が違うであろうシルバーの検定結果は、結果が分かり次第発表したいと思います。

では、ラベンダーの遺伝子構成はどうなっているのでしょうか?

5年に及ぶ研究結果は、次回にお話したいと思います。ただし、今忙しい時期なので、少し時間を頂ければと思います。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
スポンサーサイト
[ 2012/10/27 21:55 ] グッピー | TB(0) | CM(0)

とんぶり市2012 

先週行われたイベント、とんぶり市の報告です。

2012-10-07 15.39.17

毎度のことながら、すごい熱気と人です。

2012-10-07 13.10.29
ピクタのブースはこんな感じ。

ビバリウム用植物から、コオロギ用のピンセット、そして売れ筋のクリア蓋プラケースなど。

IMG_7886.jpg
そして、コオロギ用は勿論、様々な昆虫に利用されている弊社の給水器です。
最近、始めた人はご存じないかもしれませんが、5年使っても紐は切れません。このように紐を浮かせることで、糞の汚れからも開放され、常に新鮮な水を飲むことができます。改良を重ね、現在Ver7.3です。


2012-10-07 13.19.05

こちらは、リチウムイオンバッテリーから電源を取っているレジ。通常イベントでは電源確保するのに数千円かかります。バッテリーをインバーターに繋いで使えば電源確保分が浮くというわけです。

イベント出展されている方は、お勧めです。エコですしね。

IMG_7893.jpg
500mlのペットボトルを使った超造形君の作例は、受けが良かったです。
下に水受けもついていますし、手軽に作ることが可能です。

IMG_7885.jpg
このように、ケージにいれても大丈夫です。

IMG_7876.jpg

こちらは、ウスモンナギサスズ。
※イベント数日後に入手したものです

モスグリーンのぼかしもたまりませんね(^_^)。
日本にいる鳴かないコオロギです。
本当は、沖縄の個体が欲しいのですが、なかなか叶いません。


以前から、弊社のブースに顔をだしてくれる直翅目マニアの方がいるのですが、今回この昆虫の居場所をこっそり紹介しました。自分で苦労して見つけたポイントでしたが、採りにいく時間が無いのでついでに「私の分も採れたら採ってきて」と言ったら、すぐに採ってきてくれました。(^_^)/ 

IMG_7874.jpg

以前繁殖に失敗したので、今回はこのように様々な産卵場所を設置しました。
今度こそ成功したいです。

IMG_7894.jpg
最後に、極床超造形君の作品例です。
この植え込み材料を扱って頂けるショップさんには、このような完成品も展示させて頂こうかと思ってます。

IMG_7892.jpg

ペットボトルにも植えれますよ。
造形君講座もやりたいと思ってます。正直、ちょっとコツがいります。興味のあるショップさんはどんどん声をかけて下さい。

以上、とんぶりの報告でした。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2012/10/14 00:20 ] イベント | TB(0) | CM(0)

とんぶり市 予告 

10/7に浅草でとんぶり市が開かれます。

詳細はこちら

ピクタでは、アクアリウムバスに出展しなければ、今年最後のイベントになる予定です。

毎回、イベントに出て感じるのは、弊社の知名度の低さです。(^^;

創業してから13年。回転の早いこの業界においては、ある程度長い方になったと思うのですが、営業が根っからの苦手。そして、会社を大きくすることには全く興味がないのでずっと低空飛行。

ただ、好きな事を自分がどのような形で表現していけるかのみを追求しながら、現在に至っております。

こんなことをやっても、何とか今までやってこれたのは、ピクタの商品を末端で購入して頂いているお客様のお陰であります。この場をかりてお礼を申し上げます。m(_)m

ところで、今回の「とんぶり市」というイベントは、元々野生個体に頼らないペットトレードを目指す目的で始まった爬虫類対象のイベントです。

熱帯魚の業界では、ワイルドを重視する方もいらっしゃいますが、爬虫類業界では「飼いやすさ」、「野生個体へ影響を与えない」「美しい」などの点でCB(飼育下で繁殖した物)の方が良い物として受け入れられています。

熱帯魚は、爬虫類と比べ比較的資源力の回復が高いので、ある程度の利用も認められる部分はあるかと思いますが、弊社では熱帯魚においてもなるべくCB個体に移行できるよう努力しています。弊社の定番である国産グッピーは勿論、エコカージナル、各種メダカ類…などなど。

最近の話しですが、養殖に力を入れようと施設を新設しました。この話題はまたの機会にでも紹介できたらと思ってます。

「とんぶり市」は爬虫類のイベントですので、弊社の繁殖物を販売、といきたいところですが、まだまだ販売できるほどの量はありませんので、参考展示として1ヶ月前にハッチしたヤマカメレオンを持っていきたいと思っています。

ヤマカメレオンのベビー


それから、前回アクアリウムバスで持っていくのを忘れてしまったショートのウーパールーパー(リューシ、マーブル、ブラック)を販売します。

その他生体として、植物を沢山もっていきます。

プミラのミニタイプ
プミラ(オークリーフ)
ムナ島で採取したスキンダプサス
ムナ島のスキンダプサス
ポトスをそのままミニチュアにした感じの植物です。凸凹の葉も美しいです。

そして今回の目玉?

「極床固まる君」で作った置くだけのビバリウム。

「極床固まる君」で作った置くだけビバリウム

「固まる君」を使えば、立体的な空中庭園が簡単にできます。(^_^)/
仕組みが気になる方は、是非ピクタのブースへお越し下さい。

「極床固まる君」で作った造形物

管理は下に水を張るだけ。ペットボトルを使った浅い水を自動で維持する方法も紹介します。アレンジするだけでオリジナルのミニチュア庭園ができます。勿論、飼育ケージに入れれば、即席ビバリウムのできあがり。

「極床固まる君」で作った植栽容器

苔玉との違いは、どんな形でもできること。そして糸を巻く手間もないので簡単。こだわりたい人は、自分で好きな形を作って下さい。面倒な人は、ピクタで完成品を販売しますので、そちらを利用してアレンジに専念して頂いててもいいです。

「固まる君」の販売についてですが、今回のイベントでは行いません。
皆様の意見を聞いてからの販売にしたいと思っています。

「極床超造形君」との違いですが、「固まる君」は水中でも水流がある所でも使用でき、「超造形君」に比べ強度があることです。強度があるといっても、セメントの様に植物の根が侵入できない程の固さにはなりません。但し、「固まる君」で植物を直接植え付けることはできません。理由は、固まる時に根を圧迫してしまうからです。

「固まる君」で植栽用のポットを作って、そこに「超造形君」や通常の培養土を使って植え込むのが正しいやり方になります。

レパシースーパーフード
こちらのレパシースーパーフードも持っていきます。
なんと、この餌だけ累代もできるという優秀な人工餌です。最近引き合いが増えている商品です。卸販売も勿論やっていますので、興味のあるショップ様がいれば遠慮無くお問い合わせ下さい。

その他、生き物用自動給水器(コオロギの給水用に非常に便利で、耐久性も抜群)、餌コオロギを掴むのに便利なピンセット各種、餌コオロギにダスティングする際に便利な容器、クリア蓋のプラケース、ブラインサイズのミジンコ、グリンダルワーム(千葉産)なども持っていきます。

極育養箱Ver2も間に合えば持っていく予定です。

では、皆様と会場でお会いできるのを楽しみにしています。

PS.
ここ最近、グッピーの話題を提供できずに誠に申し訳ございません。実は育種温室の新設等があってほぼリセット状態にあった為です。新温室は、現在フル稼働状態に入ってきました。新しいネタも沢山できていますので、ぼちぼち紹介できたらと思ってます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2012/10/03 07:23 ] イベント | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。