スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

横浜エコアクア-今更の報告- 

秋に行われたイベントの2回目は、横浜エコアクアでした。

前回のイベントと違って、来場される方は殆どが通りすがり。

一般の方相手に、弊社の商品をどのように捉えて頂けるのか?また、どんな物を求めているのか?

いつもは、ショップさん経由の話しが多い中、お客様にダイレクトに意見を伺える大変貴重な機会です。

今回は、最近力を入れているビバリウム用の植物。そしてその植物を非常に簡単にアレンジして楽しむことの出来る極床造形君の使用例。また、一部の人にしか理解されないであろうマニアックアイテムを持って、会場設営に挑みました。

IMG_1276.jpg

こちらがブース全景です。テント1/4のスペースになるべく色んな植物を持ってきました。

IMG_1275-3.jpg

極床造形君でアレンジした育養箱、苔玉の数々。

IMG_1226-4.jpg
造形君を使えば、こんな苔玉もあっという間に完成。使用している植物はホマロメナの斑入り。


IMG_1228-2.jpg

小鳥用の半月を使って、ワイヤーラックに簡単に植物を配置できる使用例。

IMG_1274.jpg

色々な意見を聞かせてもらいました。

IMG_1230-2.jpg

中でも、食虫植物は圧倒的な人気でした。

IMG_1283-5.jpg

こちらは、ウツボカズラの入門強健種、「アラタ」

IMG_1282-3.jpg

弊社の植物温室で、こんな感じで栽培されています。

IMG_1293-3.jpg

こちらは、植え付け直後のシダ。

IMG_1279-4.jpg
ティランジア・パウシフォリア/いわゆるエアープランツの仲間ですが、水が大好き。
これは、ビバリウムで非常に重宝します。

IMG_1213-5.jpg
私のお気に入り「虎斑のカンスゲ」この品種は本当に派手な柄で「後冴え」のところも嬉しいです。


IMG_1286.jpg

このシンゴニウムも素敵でしょ♪紅白の斑がたまりません。HCでは入手できない品種です。

IMG_1192-3.jpg
エコアクアなので、環境に配慮した商品。人工のベースロック。
昨年に引き続き、意見を伺ったのですが、環境への配慮の気運はかなり高まってきているのを感じました。
もう、5年近くこの商品について試行錯誤しているのですが、今年こそは製品化したいと思っています。

早く発売して欲しいとの声も多数頂き、かなり励みになりました。

IMG_1263-5.jpg
夜には、こんな映像も流れてました。なかなかの迫力。

来場できなかった方にも、多少は雰囲気を感じとって頂ければありがたいです。

それから、弊社も目的の一つでいらっしゃった方が数名おられました。本当にありがたかったです。

ここには紹介してませんが、マニアックな草に注目して頂ける方もいらっしゃったし、極シリーズのファンの方もおられました。

特に、多くの方から切望されている極追肥の小型タイプ。これは、仕様が殆ど決まっていながら、発売できていなかったので、近い内に発売にこぎ着けたいと思っています。

また生のお客様の声を聞く機会があれば、どこかへ出没したいと思ってます。

しかし、今回の3日間という期間は、さすがに疲れました。

短いイベントの方が、体にはありがたいと感じた次第でもありました。

来場して多くの意見を下さった方、本当にありがとうございました。

次は、とんぶりの報告を予定しています。



よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
スポンサーサイト
[ 2011/11/15 18:35 ] イベント | TB(0) | CM(0)

世界の創作めだか展覧会を振り返って 

9/19に行われた歴史的イベント。「世界の創作めだか展覧会」

いやっ~、今思い返しても本当にすばらしいイベントでした。

すぐに報告できればよかったのですが、秋に他のイベントが集中してしまった上、今年一年は個人的な諸事情を抱えている関係で、報告するのが遅くなってしまいました。

会場の様子などは、既に沢山の方が報告しているので、印象に残った点と番外編を報告します。

カージナル

私が今回最も素晴らしいと思った「花やん」さん作のカージナル。

なんですか~。この配色は…

この衝撃的なカラーパターン、世界に通用する銘品ですよね!
本当にビックリでした。そして人気投票で1位になると核心していました。

しかもこの形質はY型とのこと。どんなメスに交配してもこのパターンになるわけで、本当の意味での新品種と呼べるものです。

ショートタイプのプラティ
BUDOさん作のショートプラティ

なんてプリティなんでしょう♪
しかもこの配色は、パンダを狙っているんでしょうか?
何気にライヤーも入っているんですよね。

本当に最高です!

実は、私もプラティを1年くらい前から飼い始めているんです。勿論、L●●●さんの影響で…(笑)

今回、プラティを出展するか悩んだのですが、出品魚が予想を超えて集まっているという「よこちゃんさん」からのメールに急遽出品を自粛しました。まあ、まだきちんと作り込めていないのでよしとしましょう。

どんな魚を狙って作っていたかというと、金魚みたいなプラティ。

で、会場に行ったらビックリ。エンドラ爺さんが、「めざせ赤流金」という魚を出品されていました。

考えることは同じなんだなあ~なんて関心しながら見てましたが、エンドラ爺さんの魚の方がさすが綺麗でした。

ちなみに、私が用意していたのはこの魚です。

ハイフィンライヤーピンテールプラティ


ハイフィンライヤーピンテールプラティ

ライヤーピンテールにハイフィンのバルーンを交配して作ったのですが、ピンテールが邪魔して優雅さが物足りない感じ。エンドラ爺さんのは、ピンがないのでより優雅に見えると思います。

何でも入れればいいって物ではないですよね。良い勉強になりました。

それに、バルーンが中途半端。

バルーンプラティ

本当はこんな体型に持っていきたいんですけど…

これにショートの血を入れたらどうなるんだろう?

最近、プラティ水槽が増殖中です(汗)

それから画像はありませんが、ピクタ賞を選ばせて頂いたカオスオブエッヂさんの「追憶~故郷のきらめき~」

沖縄の「野良グッピー」なんて愛嬌を込めて言う方もいましたが、私はこういうのが大好きです。

だって、この魚には採ってきたというドラマがあるではないですか?

それに、こういった魚をまじめに累代しているというのも粋な行為だと思います。

私も20年近く前ですが、タイのドブ川で宝石のようにきらめく魚を見つけ、夢中で採集したことがあります。採ったことがある人なら分かると思うのですが、意外と個体差があってどれを選んで持って帰るか悩むのが最高に楽しいものです。

実はタイのドブ川にいたグッピーは、その後私のところでジャパンブルーと交配され、その子孫から、ラズリーやプラチナジャパンブルーが誕生したいきさつがあります。

「野良グッピーは、化ける可能性がある?」そんな楽しみを持ちながら累代するのも楽しいですよね。

他にもnemoさんのプラティには惚れ惚れしましたし、GCTさんのダブルソードにもしびれました♪

正直、とてもここだけでは、紹介しきれないです…

本当に、どれもが味のある魚達でした。

なので、今回の順位は全く気にすることがないでしょう。多分、それぞれの人にそれぞれの価値があるわけですから。スタンダードを追い求めるコンテストとの違いがここにあると思います。

以上、かいつまんでの報告でした。

こんな楽しい会は今回で終わらせるわけにいかないですよね。

次回、なるべく負担が少なく開催できるようにと、今回使用した物を一部ですが捨てずに保管しています。

特に、徹夜で「よこちゃんさん」とその奥様で作られた「色付き楊枝」。

IMG_2853.jpg


厳重に乾燥剤を入れてパックしようとしたら…
IMG_2854.jpg

「面白いで賞」の楊枝!
IMG_2855.jpg

もうっ、この変体楊枝め!

こっちは面白ないよー~(^^; 

楊枝にまで、「よこちゃん」さんの思いが伝わっていたようです(笑)。

紙コップも可能な限り保存しておきます。勿論プラケースも。

次回がいつになるか分かりませんが…


よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2011/11/09 15:17 ] グッピー | TB(0) | CM(8)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。