スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アイボリー?バイオレット?そろそろ整理しないと… 

皆さんは、バイオレットモザイクやアイボリーモザイクというグッピーの品種をご存じでしょうか?

いわゆる、赤が分離しないタイプの青系品種に付けられている呼称で、バイオレットという品種は青紫から水色っぽい色味に付けられ、アイボリーというのは、水色~クリーム色に関して付けられています。

それぞれの品種は、主要な部分は同じ遺伝子が関与しています。

これらの色が発現する為には、原則的にRRでもう一つ別の遺伝子がホモで揃う必要があります。

グッピーベースブックの中で筒井氏は、もう一つの遺伝子名にヴァイオレットの「v」を採用しています。

遺伝子型で書くと、RRvv

ところが、アイボリーが先に出てきたので、「i」という遺伝子名も付けてしまった経緯があるということを、グッピーの遺伝に大変詳しい方から教えてもらうことができました。また、この「i」は不完全という意味の「インコプリート」でもあるようなこともお聞きしました。

遺伝子型で書くと、RRii

2010年のアクアライフ10月号では、遺伝子型表記が「i」となっています。

いったいどっちが正しいのでしょうか?

私は、ベースブックの記載を素直に採用していましたが、この辺りの品種群を色々といじっている中で、最近様々な問題を感じるようになりました。

どこに問題点があって、私がこの点をどう考えているか?という事について少し述べさせて頂きたいと思っています。

まず、こちらの画像をご覧下さい。

p-3697.jpg

これは、昨年私が発表させて頂いたバイオレットグラスという品種です。

詳しい話は、楽熱に書かせて頂いたので割愛させて頂きますが、バイオレットモザイクの中から特に紫色の濃い個体を選抜してグラス化させた品種です。

私自身、あまり新しい名前をつけて混乱させるのは好みではないので、単純にバイオレットグラスという名前をつけました。ところが、明らかに元のバイオレットモザイクの青紫とは違う色になっているのです。

従来、RRvv or RRii の遺伝子を持った個体は、①青紫~水色(バイオレット)、②水色~クリーム色(アイボリー)の2系統でした。

では、新たに加わったこの③真の紫色をどのように扱うべきなのでしょうか?

話しがややこしくならない内に、まず従来の①と②について整理します。

※交配を繰り返している方は、なんとなく分かっている方もいるかもしれませんが、私は「なんとなく」が気持ち悪い人間でして、詳細に検定をさせて頂きました。

これらの色味の違いは、ずばり「下地」の違いです。

「下地」といわれて何?と思う方も多いかと思いますが、今回注目させて頂く下地は、ベースになっている色です。この下地は、正直特定の遺伝子によるものもありますが、私は、小さな要素が集まって影響を与えている因子(ポリジーン)も多いと考えています。これらは、現在検定中です。何年かかるか分かりませんが…

具体的に言うと、

①の水色に関しては、RRvv or RRii +下地がレッド
②のクリーム色に関しては、RRvv or RRii +下地がイエローから無色

では、③の真の紫はどうなんでしょうか?
遺伝子型を合わせて表記すると、RRvv or RRii +下地が(???)

になります。

?の部分は気になると思いますが、今はお答えできません。というのも、仮説を立てて検定をしているのですが、少しだけ例外的な数字が出ているからです。現在、これを確かめ算すべき全く別の手法で交配データを取っています。来年の春には、決定案が出せればよいと思っています。正直この検定だけで、500匹以上の稚魚をとってデータを取っています。たぶんアレに違いないとは思っているんですが…

③の真の紫に関しても、下地が違うという点ではバイオレットやアイボリーと同系列で扱う必要がありそうです。

そこで、③の下地を用いてRRvv or RRii のコーラルを作ってみました。

それがこちらの画像です。

p-3808.jpg

なんと、全身紫色になりました。

では、①の下地(赤)でRRvv or RRiiのコーラルを作ってみると…

p-3864.jpg

全身青になりました。(決してRrではありません)


p-3868.jpg
こちらは、比較写真です。

従来の名付け方からすると、両方ともコーラルバイオレットグラスになってしまいますよね。

今後紫尾びれの様々なバリエーションが登場することを想定すると、今の内に呼称を分けておく必要があると思います。例えば、ジャパンブルー○○、ラズリー○○など

色が3パターンある訳で…

遺伝子記号についても「v」と「i」が混在していましたよね。

交通整理をする必要があると思っているのは、おそらく私だけではないと思います。

まず「v」と「i」についてですが、「固有の色名が付いている」こと自体が、そもそもややこしくなっている原因だと思います。

そこで提案ですが、新たな遺伝子記号を付加するのは更なる混乱の元になる為、v or iの語源を色とは関係のない物へ変えるのはどうかということです。

vを使うのであれば、variable(様々な)
iを使うのであれば、incomplete(不完全な)、inhibitor(抑制)

どれが好ましいと思われますか?

私の考えは「i」に統一して、語源を「inhibitor」にしたいというものです。
なぜ、「inhibitor」かは、実際赤を抑制することで、青や紫に見えているからです。正確には「ri」になるのでしょうが…

ただ、vとiの浸透度がどれくらいのものか分かりません。「i」を採用したいといいながら、私は「v」をあえて今まで使ってきています。(これは、筒井氏に敬意を示してのことでありましたが…)

いずれにしても、皆様の意見を広く伺ってみたいです。是非、ご意見を寄せて頂ければ幸いです。ブログ上では問題がある方は、個別にメールを頂いても構いませんので。

それから、第3の紫色の呼称。

従来のバイオレット(水色表現の物)を変更するという案もありますが、定着している呼称を変えるのはやはり問題があると思います。

そこで、この件に関しては、新たな名前を付加したいと思います。

自分のオリジナルではないですが、「バイオレット」ではなく、「ラベンダー」を採用したいと思っています。

異論のある方や、ご意見のある方は是非コメント下さい。

何も問題がなければ、2週間程度猶予期間を頂いた後、現在販売している「バイオレットグラス」は全て「ラベンダーグラス」に変更しようと思っています。

この件、バイオレットグラスという名前を先行させてしまった責任は大きいと反省しています。本当に申し訳ございませんでしたm(_)m。しかし、発表当時はこんなことになるとは想定していなかったので、この辺はご容赦願いたいと思います。問題があると感じたことには、軌道修正をいつでもかけたいと思っています。幸い、まだこの系統はそれほど大量には市場投入していないので、今なら間に合うと思ってます。

新たな提案などもありましたら、宜しくお願いします。m(_)m


遺伝子記号の問題は、業界の方同士とも話しを進めております。皆さんの意見を集約し、コンセンサスを取りたいと考えています。

他にも、グッピーの品種名の呼称、遺伝子記号の表記の仕方など、筒井さん亡き以降、あまりにもファジーに進んでしまっている現状。そろそろ色々と整理しなくてはいけないなあ~と感じています。愛好家の方も、たぶん気持ち悪い思いをしている方は多数いらっしゃるのではないかと思います。この辺りは、また機会があれば問題提起したいと思っていますし、これを機会に意見を頂ければ幸いです。

最後に、

この件に関して、色々とご相談にのって頂きましたグッピーを愛する様々な方、この場をかりてお礼を申し上げます。ちょっと?と思うことがありましたら、お気軽に意見下さいね。私の中ではこのような方向性で行こうと思っています。




よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
スポンサーサイト
[ 2010/11/08 10:58 ] グッピー | TB(0) | CM(9)

あなどれなかった「とんぶり市」 

10/31の日曜日、国産の爬虫類を即売するイベント「とんぶり市」が行われました。

先月に引き続いてのイベント出展の為、あまり販売などは期待せず、様々な方とお話ができればいいなあーくらいに思っていました。

ところが…、

かつて参加したイベントとは全く熱気が違いました。

初っぱなから、10分ほど遅刻をしてしまい、お気楽な気持ちで商品を並べ、どんなもんかなあ~と立っていたら…

人の波が凄い。

こちらから、話しかけるまでもなく、お客さんの方から熱心にお話をして頂けました。

なんて、ありがたいことでしょう~!

ようやく間に合った極育養箱を並べると、

極育養箱に極床造形君で作ったビバリウム

いつ発売なんですか?

なんて言って頂けたものですから、うれしくなって夢中で説明させて頂きました。

では、来場できなかった方の為にも、簡単に解説させて頂きます。

極育養箱

大きさは、20cm×20cm×36cmのショウジョウバエが逃げないよう隙間を極限まで無くしたケージです。

落とし蓋式を採用していますが、蓋は好きな位置で止まるようになっています。(ギロチンケースとは呼ばせません(^_^))

極育養箱 ロック部

脱走防止用のステンレス製ロックが上部に設置してあります。

極育養箱 チューブ抜き穴
上部奥の両側に、4パイの耐圧チューブが入るように、穴を開けれる加工がしてあります。チューブを使わない方はそのままでOKです。通常の6パイのチューブでしたら、ヤスリで少し削る必要があります。

発売が大幅に遅れた理由ですが、様々な意見をお聞きし、最大限反映できるようこだわった点が一番です。

その為、開発費がけっこうかかってしまいました。こんなケースを作るにも、車1台買えるくらいのお金が必要なんです。大手のメーカーでしたら、僅かな金額なんでしょうが、私のようにゼロから始めた人間にとっては、このお金の工面は結構大変でした。(T_T)

なので、このケージを欲しいと思って頂ける方が少しでもいらしたら、私としてもありがたい限りです。売って原価焼却もしなくてはいけないですね。切実な問題です…。

LED照明
今回、試しに連結できるLEDライトを作ってみました。こんなライトは、別に何の技術もなく作れますが、作って欲しいという要望も意外にありました。

紫外線のいらない両生類や植物を中心に考えると、わざわざ消費電力の高く、熱くなるライトを使わなくてもいいのでは…という提案です。

全て市販品の部材で作ったものです。LEDライトも安くなってきてますから、選択の一つとしても悪くないと思ってます。なんせ、4Wで植物が育つのですから、凄いです。

LED照明 連結

もしも、作って欲しい方がいらっしゃいましたら、個別にご連絡下さい。

極床 造形君

次にこの極床造形君もかなり注目を頂けました。

水でこねて、壁にペタペタ貼るだけで壁ができるというものです。

極床造形君で作ったビバリウム
こんな感じで、高さのあるケージでもズレ落ちることなく貼り付けできます。

極床造形君で植え付けたプミラ(オークリーフ)

波板にも、薄く貼って植物を活着できたり…

極床造形君で雨樋に植え付けたピロシア

雨樋にも簡単に植物を植えれます。

最大のメリットは、霧を吹いたり、水をポンプで流さなくても利用できる点です。

下に水を貯めておくだけでいいのです。

今回、造形君を売ろうと思って持ってきていたんですが、車においてきてしまいました。

いつものイベントの感覚では、後で取りに行けばいいやあ~。くらいに思っていたら、結局戻れませんでした。

それどころか、昼飯も食べる暇もなく、色々と反省することが多かったです。

生き物用自動給水器Ver7.3

こちらの給水器も販売させて頂いたのですが、びっくりするくらい売れました。それも、既に持っている方が多かったのには、うれしい限りでした。

ディノドンの安川さんも、この給水器を絶賛してくれていて、イベントに持って来る前に売れちゃったそうです。

今回初めて使う人にも、丁寧に説明させて頂きました。

給水器側面 

洗濯バサミみたいな物は、何の為?と多くの方に質問を頂きましたが、これは床に紐が付かないように浮かせる為の物です。その為、紐が床に散らばった糞で汚れ難い構造になっているのです。

それから、一部ネットで水漏れがひどくて使い物にならないなどのコメントを書かれている方がいらっしゃいますが、使い方を誤っているだけですので、気にしないで下さい。皆、取説読まないんですね。

ここで一番重要な点だけお伝えしておきます。

生き物用自動給水器Ver7.3

梱包時は、この様に紐が曲がった状態で入っております。

その為、紐に癖がついてしまっていて、穴の基部と紐に僅かな隙間ができてしまうのです。

これをそのまま使うと、水漏れします。

使う前に、紐の基部を流水中で揉みほぐすという初期処理をして欲しいのです。

そうすると、紐が水を吸って少し膨らみます。

その状態になれば、以後水漏れすることはなくなるのです。

もし、水漏れするということで使っていない方がいらっしゃいましたら、是非この処理をしてみて下さい。

以上、長くなってしまいましたが、とんぶり市の報告でした。

来場頂いたお客様、スタッフの皆様、改めてお礼を申し上げます。m(_)m

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2010/11/06 13:23 ] イベント | TB(0) | CM(9)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。