スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ターコイズブルーゲッコー孵化 

ターコイズブルーゲッコー ベビー


今年の3月に輸入したターコイズゲッコーですが、飼育後1ヶ月で産卵。

そして産卵後2ヶ月で、待望のベビーが誕生しました。

繁殖は易しいだろうと噂されていましたが、確かに易しい部類に入ると思います。

ソマリコノハカメレオンと同じ感覚です。分かる人には分かると思います。(^_^)

ターコイズブルーゲッコー 卵

孵化後の卵の殻

産卵は、人工の植物の葉の隙間に産み付けられました。

管理はビバリウム内で行い、時々霧吹きをかける程度です。

餌はミネラオーロをまぶしたイエコをメインで与え、時々昆虫ゼリーを与えてました。

ターコイズブルーゲッコー

本当に美しい昼行性ヤモリなので、CB化をどんどん進めて行きたいですね。

孵化後の幼体もイエコの小さいのを初めから食べれました。

この卵を産んだ親は1ヶ月後に2クラッチ目の卵を2個産んでます。

何かの参考になれば幸いです。

他の所へ行ったヤモリ達も繁殖成功していることを期待します。

ところで、このヤモリ。市販されているケージでは全て脱走してしまいます。

レプロを使う場合は、引き戸の隙間をふさがないと駄目ですし、エキゾテラではガラスの隙間を塞いだ上で、コードの入る隙間も埋めないと駄目です。

一体皆さんはどんなケージで飼育しているでしょうか?

私のところでは、隙間を塞いだケージとプラケースを改造したケースの両方で飼育してます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
スポンサーサイト
[ 2008/06/19 09:04 ] 繁殖 | TB(0) | CM(8)

環境週間 

今週は「環境週間」

テレビ・新聞で「環境」の言葉を見聞きしなかった日はなかったと思います。

私は、生き物を扱う仕事をしている傍ら、積極的に「環境問題」にかかわる行事に参加させてもらってます。

「ペット業者のくせに何をしてんだ。」という人もいるかもしれません。

環境汚染の一因ともなっている車を販売しているトヨタがエコについて取り組んだり、魚を採る漁師が植林したりするのと同様、生き物を扱わせて頂いているからには、当然の取り組みだと私は考えています。

生き物を飼わせてもらっている罪滅ぼしかもしれませんね。

磯観察



こちらは、大地を守る会主催の「アオサ回収イベント」のオプション企画で生き物観察会をやった時の様子。

今回は高校生20名ほどの参加がありました。

生き物を観察することは勿論ですが、アサリが短時間で水を綺麗にする実験。
太古の地球大気の殆どが二酸化炭素で覆われていたのに、なぜ今少なくなったか?というのを貝と硫酸を使って演示実験しました。

後日、レポートを書いてくれるそうなので、楽しみです。

次回の三番瀬生き物観察会&アオサ回収は7/26(土)になります。興味のある方はお問い合わせ下さい。


その他、鎌ヶ谷市の環境に関する公開講座の講師。大地を守る会の稲作体験での生き物解説。

田んぼの生き物調査。近所の田植え交流など、行事が目白押しでした。


舞孔雀と田んぼ


こちらは、自給と実験を兼ねてやっている田んぼ。ようやく最近田植えをしました。

今年で田んぼを始めて6年になります。

片隅に植えてあるカキツバタの「舞孔雀」が満開です。

結局自分の所が一番遅くなってしまいました。(^_^)

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2008/06/11 10:12 ] 環境 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。