スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アヌビアスナナ 

ピクタで8年間休むことなく輸入している水草にアヌビアスナナがあります。

アヌビアスナナ

このアヌビアスナナという水草は、アフリカ原産のサトイモ科の植物です。入って来た当初は高級水草の代名詞で、1株何万という値がついていました。いまでは、東南アジア各地で生産され、その価格も大幅に下がって手軽に買える水草になっています。

丈夫で光が弱くても育つその性質から、広くアクアリウムで利用されていることは、言うまでもないでしょう。

毎月、2000個程のナナを輸入していますが、半分は問屋さんに向けて、残りは小売店様に出荷させて頂いています。
検査に持ってきたアヌビアス

日本に入ってくるアヌビアスの生産国はいくつかありますが、主要な国はシンガポールと台湾です。


シンガポール産は株が小振りで、残留農薬が非常に高いのが特徴です。値段は安いですが…。

台湾産は株が大きく、残留農薬が比較的低い(多くは無農薬)のが特徴です。値段は高いです。

ピクタでは、台湾産を主に入れています。

植物検疫を受けるナナ


この台湾産のアヌビアス。品質は非常にいいんですが、輸入業者泣かせのところがあります。

というのも、台湾から来る飛行機の到着時間が遅いのです。いつも到着時間は17時頃。書類の審査が終わって植物検疫を開始できるのが19時頃。検査に約1時間かかって、通関と貨物の受け取りまで含めると、空港を出るのは22時くらいになってしまうのです。

夜の空港

17時を過ぎると臨時開庁といって余計に料金も取られるし…。

魚と違うので、翌日通関すれば、いいじゃないか?という意見もあるかと思います。

勿論、春から秋にかけては、翌日通関しています。

でも、冬場は大問題なのです。

貨物が蔵置される上屋と言われる場所は、本当にただの倉庫で一切の保温設備はありません。

真冬の寒風が吹く中、一晩そこに置かれることはアヌビアスにとって致命的です。

見た目では分かりませんが、一晩空港に置かれたアヌビアスは低温障害を受け、暖かい水槽に移して2週間後にどろどろと溶け出します。

サトイモ科の植物は、非常に寒さに弱い面があるのです。

この寒さに弱い側面を理解しないで、輸入している業者は実は結構あります。
特に弊社のように、空港の側にあるところは、夜の通関もそれほど問題ないですが、遠い所ですと、殆どが次の日に通関しているようです。

冬場にナナが溶けると主な理由はこれです。勿論、保管している温度が低いと同じことが起きます。

実際、低温で管理していると枯れないし、溶けないのです。

ところが、低温を経験したアヌビアスを暖かい水槽に入れると、2週間後に溶けてしまうのです。

一晩空港に置かれたアヌビアス、低温で管理されたアヌビアス。

買う側(お店も一般ユーザーも)は分かりませんよね。

冬場、アヌビアスを買う時は皆さん気をつけて下さい。

安心なアヌビアスナナをお求めの方はどうぞ、ピクタへご用命下さい。(^^

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
スポンサーサイト
[ 2008/03/28 06:17 ] 水草 | TB(0) | CM(2)

大惨事 

やっと冷静になれたので、書かせて頂きます。

私は、品種改良が趣味で沢山の生き物を手がけていますが、その中でも特にグッピーは思い入れの強い生き物です。お店に出荷させて頂く生産ラインとは別に、品種改良をする為だけの水槽が45本あります。

Y型プラチナジャパンブルー、ラズリー、ラスター、そして今度アクアライフで発表させて頂く、オパール達は、私がグッピーに作らせてもらった品種です。

私はある理由から、品種改良水槽は、全てメタルラックにて管理しています。

メタルラックは大変使いやすく、価格も安いので、使っている方も多いと思います。

ところが、絶対に起こってはいけないことが起きてしまったのです。

以前から、温室内の湿度が高いのでメタルラックの柱が錆びていて、危ないなあーと思っていた矢先の出来事でした。

「ガシャガシャ、ガッシャーン!!」と温室の中から轟音がなり響きました。

すぐさま、従業員が駆けつけてきて「棚が崩れました!」とのこと。

「ウソッー」

直ぐに、温室に入ると、私は我が目を疑いました。(‥,

新品種育成用にセットしてあったメタルラックが全て壊れ、そこは修羅場と化していました。

崩壊したメタルラック

※温室から取り出したメタルラック
 
水槽から流れ出したグッピーとガラスの山。しかもそのグッピー達は排水溝へどんどん流されているではありませんか?(T_T)

その品種改良専門にセットしてある水槽には、実はまだ未発表の新品種が2つもいたのです。
勿論、これらの代わりはいません。

まずは、流れ出る排水溝に栓をし、できる限りのグッピーを回収しました。でも、まだ未発表のグッピーは見つかりません。

私は頭に血が上って、もうどうしようもありませんでした。

排水の先は浄化槽になっています。

浄化槽に飛びました。

やはり、そこにも流されたグッピーがうじゃうじゃいました。

必死でグッピーを掬い(救い?)ました。

すると、そこにいたのです。

安堵した私は、掬ったグッピーをとりあえず1本の水槽へいれてやりました。
45本分の余分な水槽もないので、一緒にするのは嫌でしたが、仕方がありませんでした。

これで、絶えることはなくなったと安心して数日、恐れていたことがまた起きてしまったのです。

病気の発生です。

この温室には、輸入魚も沢山います。当然、排水溝にはそれらの魚の入っていた水も流れているのです。

ノンキャリアの国産グッピー達はあっというまに病気に感染してしまいました。

また、これが大きなショックで暫く、仕事をする気がなくなってしまいました。

勿論、未発表君達も絶えてしまったのです。

忘れない為にも、ここでどんなグッピーだったかを書き留めておきたいと思います。

一つは、完全透明燐のグッピーです。骨が透けて見え、尾筒がジャパンブルーのようなカラーでした。

もう一つは、アメリカンホワイトの白い部分が完全に背びれの付け根まで来るタイプです。見た目はピングーそっくりです。でも、この系統はきちんと尾びれに模様がつけれるのです。

もう一度、同じ物を作ることは、容易ではありません。

グッピー飼育暦20年にして、大きな挫折を味わうことになりました。

失敗から学ぶことは大きいです。
この失敗から同じ過ちを起こして欲しくないので、最後に教訓として記しておきます。

メタルラックを水槽台にしている皆さん。メタルラックは錆びると大変危険です!

崩壊は突如起こります。

PAP_0274.jpg


しかも、その崩壊は一気に波及します。

少しずつ崩れるということはありません。(私は少し崩れたら交換しよう思っていましたが甘かったです)

錆びていて、危険だと思ったらすぐに交換するか、別の棚に変えた方がいいです。

私のようなキツイ経験をして欲しくないので、くれぐれもお気をつけ下さい。

従業員に怪我が無かったことが本当に不幸中の幸いでした。

PAP_0275.jpg
 
温室より取り出した水槽

また、グッピーの品種改良を一からスタートしていきたいと思います。



よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2008/03/25 13:10 ] グッピー | TB(0) | CM(8)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。