スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雑誌記事の補足-アルテミアの孵化率アップ編 その1- 

最近雑誌を読まない人が増えているようです。
かくいう私も、情報を得る手段としてネット検索に頼ることも多いし、動画なんかがあったりして分かりやすいなあ~と思うこともあるので、仕方ないのか?と思う反面、少し寂しさも感じてしまいます。
USA×アイボリー
※本写真は、今回の内容には関係ございません。

記事をたまに書かせて頂く立場としては、紙になるからこそ気合いを入れて書こうなんて思っていたりするのですが、こうしてネットに情報を載せた方が見てもらえることが実は多いのかもしれません。

雑誌記事の場合、いつも苦労するのが字数制限です。
内容を絞っていくと何だかつまらない文章になってしまい、番外で紹介したいことや補足したいことがいつも残ってしまうのです。まあ、くだらないことが多いのですが…

そんな部分を今回は少し紹介できればと思っています。
2014-02-12175505.jpg

今回は、2014年3月号で書かせて頂いた「生き餌の活用術」の中から「アルテミアの孵化率アップ編」についての補足です。

※蛇足ですが、「アルテミア」を「ブラインシュリンプ」と雑誌で書いていないのは、字数が3字稼げるからです♪
ブラインと略されることもありますが、ブラインは本来「塩水」という意味です。
「しおみずを稚魚に与えて大きくする」って変な感じがしませんか?…


アルテミアの卵は、使ったことがある人なら分かるのですが、孵化率というのが明記されています。

多くの人は孵化率90%以上の卵を使っているかと思います。

私なんかは、平気で85%のを使ったり、孵化率が悪くて使えないからと言って安く譲ってもらった物を使うことがよくあります。

この孵化率というのは、様々な意味がありますが、基本的に24時間での孵化率がどうか?ということが基準になっていることが多いです。

それは、使う側からしてみれば当たり前で、毎日同じ時間にセットして、同じ時間に使えないと不便この上無しですよね。

では、孵化率85%の卵を30時間。あるいは36時間かけるとどうなるかご存じでしょうか?

実は、トータルの孵化率は上がります。でも30時間でかりに95%になったとしても使い勝手が悪いことには代わりありません。

今回記事で紹介したのは、孵化時間をかければ孵る卵をなるべく24時間で孵化させるための手法でした。

孵化率90%だから関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、100%に近づくことだってありますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

※未孵化の卵が水槽に入ると、一部が孵化し、また一部はそのまま残ります。問題なのは、卵の殻です。殻が濾材の目詰まりの原因となり、魚の調子を崩すことだってあります。私のように3週に1回しか水換えしない者にとっては、結構重要な問題となります。写真を撮る際にもかなり邪魔になりますし…


論より証拠ということで、今回紹介した手法のある無しを比較してみました。

IMG_8866.jpg
左が無処理
右が処理(孵化した卵の殻の量が多い)

IMG_8862.jpg

こちらが無処理の沈殿状況(未孵化の卵が確認できます)

IMG_8861.jpg

こちらが処理有りの沈殿状況

ではその手法とは?

それは、

入浴剤等に用いられている「エプソム塩(硫酸マグネシウムMgSO4)」を「塩化ナトリウム」に対して1-2割入れるというだけのことです。

2014-04-08155234.jpg

では、なぜエプソム塩なのでしょうか?

その理由は、海水の成分を見れば理解できると思います。

---1リットルの海水に溶けている主な塩類---

塩化ナトリウム(NaCl)24g 69%

塩化マグネシウム(MgCl2)5g 14%
硫酸ナトリウム(Na2SO4)4g 11%


つまり、海水は食塩(塩化ナトリウム)100%ではないわけです。

まあ、そんなことは既知のことだとは思いますが、これらが水に溶けている状態を少し想像してみましょう。

水の中では、それぞれの物質が溶けて、陽イオン陰イオンに分かれています。

つまり、

陽イオンとして、Na+(ナトリムイオン)とMg2+(マグネシウムイオン)

陰イオンとして Cl-(塩化物イオン)SO42-(硫酸イオン)

の4種類

難しい話しはおいておいて、

塩化ナトリウム以外の2成分(MgCl2Na2SO4)は海水の成分を再度みると、

食塩(NaCl)しか入っていない水には、ちょうどMgSO4だけが不足しているのです。


エプソム塩はMgSO4

つまり、ただの食塩(NaCl)にエプソム塩を加えることで手軽に海水に近づけることができるという訳です。

故郷の環境に少しでも近づけること

これが、重要です。

ひょっとしたら、海水に近づける為に、食塩に「にがり」を入れるなんてことも聞いたことがあり、実行した人がいるかもしれません。

私もずっと前はやっていたことがありましたが、あまり効果を感じず辞めてしまいました。

それは、「にがり」の製法により成分のバラツキがあることが理由です。

NaClのみを取り除いた「にがり」というのがあればよいのでしょうが、その多くがMgCl(塩化マグネシウム)主体のものに仕上がっています。

つまり、SO42-(硫化物イオン)が不足しているのです。

MgClを加えても、かえってイオンバランスが崩れこともありうるわけですね。

エプソム塩、是非活用してみて下さい♪
冬場のように、温度が下がって孵化時間が長くなってしまうという際にも効果的ですよ。

正直、売っているエプソム塩は、お魚用には多すぎると思いますので、入浴剤という本来の用途で購入し、余った分を使えば、一石二鳥ですね(^_^)

次回は「エプソム塩を実際に使う場面」の補足を書いてみたいと思います。


最後に、

MEDAKAさんが、大変素敵な企画のポスターを送ってくれました!
どうもありがとうございました。

この場を借りてお礼申し上げます。

P4020003.jpg


5/11日 大阪国際交流センターにて「創作めだか展示発表会」

このようなジャンルのイベントが毎年東と西で交互に行われたらいいなあ~と思っていたので、本当に感謝です。

詳しくは
http://medaka.to/

私も参加する予定です♪

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
スポンサーサイト
[ 2014/04/10 20:18 ] 繁殖 | TB(0) | CM(2)

インドネシアの養殖事情まとめて 

インドネシア報告をサボっていてすみません。

早く片付けてしまいたいので、まとめて報告したいと思います。

まずは、ディスカスの繁殖場。

ディスカス養殖場


日本では、あまりインドネシアのディスカスを見る機会はないのではないでしょうか?
ドイツで修行もしたことのあるブリーダーさんがいました。

インドネシアのディスカス レッドスポット

インドネシアのディスカス


こんな感じで、意外にも良い魚がいますね。

ビンテージもののブルー系がいることを期待しましたが、残念ながらいませんでした。やはりフルブルー系はブルーダイヤになってしまっていますね。

ブラックゴースト稚魚


このオタマジャクシみたいな魚は?

ブラックゴーストの稚魚でした。

我々にとってこの魚は結構未知な生き物ですよね。

どんな風に繁殖させてるかといえば、

ブラックゴースト 産卵

ヘゴ板を使ってるんですね。これってプロカトーパスにも使えたりするのでは?と考えてしまいました。

その他にも、

ダイヤモンドポルカ

ハイグレードポルカドットスティングレーなんかもいますね。

ちょっとはしょりましたが…(^^;

この次はマレーシアのフィールド報告をしたいと思います。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2010/07/18 19:18 ] 繁殖 | TB(0) | CM(0)

シルバーアロワナの養殖状況 

養殖池のシルバーアロワナ

本日は、アロワナファームです。

アロワナは太古の昔から、その姿をあまり変えることなく生きてきた古代魚の一種です。それ故、その形と生態には、普遍性というのがあるのでしょうか?何か人を引きつける魅力があります。

各大陸には、それぞれに分化した種類のアロワナが生息しています。
アフリカ大陸にはナイルアロワナ、ユーラシア大陸にはアジアアロワナ、オーストラリアにはバラムンディー、南米にはシルバーアロワナとブラックアロワナです。

その中でも、最も安価で流通量の多い種が南米アマゾンに生息するシルバーアロワナです。

日本にも、毎年シーズンになると、非常に沢山のベビーが南米から輸入されてきます。アジアアロワナに比べ安価な分、安易な消費がされていることも事実です。

このシルバーは安価な分、今まであまり養殖に力が注がれていませんでした。
ところが、中国でのアロワナ需要の高まりなどにより、シーズンに関わらない供給が求められ、養殖が始まったようです。

シルバーアロワナのアップ
池に泳ぐシルバーは、水槽で見るのと全然別の魚に見えました。
なんだか、龍魚というのがうなずける気がしますね。

シルバーアロワナの稚魚
こちらは、口から採取された稚魚達。
雄の口が一際膨らんでいる個体を捕獲し、放出してしまう前に出すのが大事だそうです。
たかがシルバーという方もいるかもしれませんが、養殖個体は、野生個体に依存しない分、環境にも優しいといえるでしょう。沢山のベビーを目の当たりにして、やはり私の気持ちは和らぐのでした。

シルバーがいるならブラックはどうなんでしょうか?

こちらも、チャレンジされていました。ただし、まだ成功には至っていません。何かキーなるものが分かってきたようで、近いうちに成功できるだろうと話していました。

ブラックアロワナは、ここ数年で激減してしまった種なので、ぜひとも成功して欲しいものです。

厳重な扉の向こうには…

養殖池の外壁












こんな個体も!

養殖池に泳ぐアルビノシルバーアロワナ

ニシキゴイ?

もしや!?


アルビノシルバーアロワナ

この輝きは、半端ではありません!
すごい!


アルビノシルバーアロワナ正面
なんと、アルビノのシルバーアロワナです。

下手な過背金よりも綺麗です。

近い、将来これの子孫が飼育できる日がくるかもしれませんね。改良品種のバリエーションは、飼育の世界を豊かにしてくれる貴重な財産です。こちらも繁殖が成功することを祈らずにはおれません。

貴重なミュータントも、1代で終わってしまってはもったいないですね。原種の繁殖技術が確立しているからこそ、期待を持つことも可能なわけです。

シルバーアロワナも侮れないです。まあ、どんな生き物もそうですけど…。





よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2010/03/31 01:17 ] 繁殖 | TB(0) | CM(2)

インドネシアの養殖事情 インペリアルゼブラプレコ 

PICT1038.jpg

3/5-7までクアラルンプル経由でインドネシアにでかけてきました。KL経由なのは、帰りに寄り道したかったからです。そのご報告はまた後日ということで…

今回インドネシアに行くのは、なんと10年ぶり。月日のたつのは本当に早いものです。

この10年で仕事の仕方が実に変わりました。

昔は、取引先を探すのも大変でしたが、今はインターネットで簡単に検索ができます。

要望や指示なども、現地に行って細かく指導しなくてはいけませんでしたが、今は、楽すぎます。メールに添付ファイルでことたりてしまうんです。

そんな訳で、わざわざ海外に行かなくても仕事が出来てしまうという状況が続いておりました。まあ、海外に行く経費も馬鹿になりませんしね。

夜のジャカルタ空港
空港に着いたのは夜。シッパーの車で宿まで直行。

翌朝時間があったので散策していると…

ジャワ島のキリガタシダ
見たいと思っていたキリガタシダが木に着生しているではないですか。
日本のノキシノブに形が似ていますが、胞子が葉先に着く特徴があります。
その為、葉先がストレートになっていてなかなかかっこいい形をしています。
葉の「張り」、「色ツヤ」もなかなか素敵ですね。

ジャワ島のラフィドフォラ・ハイ
こちらも、見たいと思っていたラフィドフォラ。ハート型の葉がかわいい上に、壁に這わせると非常にまとまって良い感じに育ちます。私の大好きな植物の一つです。

ナメクジ

これは!

カタツムリに進化しそこなったような形のナメクジ(^_^)。いやあ~、生き物って面白いですね。

余談はさておいて、早速ファームへ向かいます。

様々な所へ行ったので、本日は、インペリアルゼブラプレコの状況を紹介したいと思います。

2005年からブラジル政府が輸出を禁じていることは、ご存じの方も多いと思います。ちょうど出かける前、シングー川にベロモンテダム建設決定というとんでもないニュースが流れてきました。このダムは超巨大サイズで、完成すると八ッ葉ダムの132個分。横浜市とほぼ同じ大きさになるそうです。完成した暁には、間違いなくシングー川の生態系に異変がおきてしまうと思います。本来は、野生で生き残っていて欲しいですが、繁殖もできる魚ですので、商業ブリードへの期待が高まります。

産卵筒に入ったインペリアルゼブラプレコ

ここのファームでインペの繁殖を始めたのは9年前。現在はF3まで進んでいて、正直相当な数がいました。ただし、まだ出荷しないそうです。というのも、中途半端に出しても後が続かないというのです。

私も同感です。「しっかりと殖やして欲しい!」と、心から思いました。
それと同時に、なんだか凄く安堵した気分になりました。

シェルターに入るインペリアルゼブラプレコの幼魚


F3インペリアルゼブラプレコの稚魚

インペリアルゼブラプレコの養殖物が、いつの日か日本にもやってくることでしょう。

その日を楽しみにして待ちたいと思います(^_^)

次は、アロワナファームを予定しています。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2010/03/27 01:11 ] 繁殖 | TB(0) | CM(0)

ターコイズゲッコー ベビー その後 

ターコイズゲッコー ベビー

昨年の6月にターコイズゲッコー孵化の記事を書かせて頂きましたが、その後の様子を気にされている方が多いので、急遽予定していたグッピーネタを延期して報告します。

最初にこのブログで紹介した子供ですが、実は孵化2ヶ月後に×になってしまいました。

原因は正直分かりませんが、紫外線不足もしくは水切れだったのではないかと思っています。

ただ幸いなことに、孵化待ちの卵はまだありましたし、産卵も順調に進んでいたので、絶えることは無く、次々と孵化したベビーが現在30匹程になっています。

その後の成長は今の所問題ないようです。


ターコイズゲッコー 幼体 ケージ

飼育環境の質問がいくつかあったので、ここに紹介します。

上の写真が現在のターコイズゲッコーベビーの飼育環境です。赤丸をしてあるのが個体です。

大体一つのケースに4-5匹入れてます。そろそろ、広いケースに移す必要がありそうですが…。

実は来春に壁チョロ系からヤドクまで飼育できるケージを発売する予定にしています。現在大詰めの段階に来ているので、楽しみにしていて下さい。

床材はヤシガラの欠点を解消した実験中の商品です。いずれの内容も機会を見つけて詳しく報告したいと思います。

給水器の水を飲むターコイズゲッコー

白く写っているボトルはピクタの自動給水器Ver7です。

最初に落としてしまった原因が水切れにあるのではないかという不安があったので、思い切ってこの給水器のみで飼育してみました。結果、面倒な霧吹き作業からも開放され、全く問題なく飼育できています。

正直、かなり楽です。(^_^)

好きな時に好きなだけ水が飲める環境が、ストレス軽減にも良いのではないかと思っています。適度な湿度も保ってくれますし。

ゼリーを舐めるターコイズゲッコーベビー

こちらは、ゼリーを舐めにきたベビーです。

昆虫ゼリーはそのままだと大きすぎて絶対食べ残しが出ます。食べ残しをまめに取れる人はいいかもしれませんが、無駄も出てしまうので、私はゼリーをプラスチックのスプーンで掬ってそのままケージに入れてます。このやり方だと必要最小限の量ですみますし、メンテナンス性も非常に良いです。

以上、簡単ですが、その後の様子でした。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2009/01/14 10:09 ] 繁殖 | TB(0) | CM(6)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。