スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アヌビアスナナ 

ピクタで8年間休むことなく輸入している水草にアヌビアスナナがあります。

アヌビアスナナ

このアヌビアスナナという水草は、アフリカ原産のサトイモ科の植物です。入って来た当初は高級水草の代名詞で、1株何万という値がついていました。いまでは、東南アジア各地で生産され、その価格も大幅に下がって手軽に買える水草になっています。

丈夫で光が弱くても育つその性質から、広くアクアリウムで利用されていることは、言うまでもないでしょう。

毎月、2000個程のナナを輸入していますが、半分は問屋さんに向けて、残りは小売店様に出荷させて頂いています。
検査に持ってきたアヌビアス

日本に入ってくるアヌビアスの生産国はいくつかありますが、主要な国はシンガポールと台湾です。


シンガポール産は株が小振りで、残留農薬が非常に高いのが特徴です。値段は安いですが…。

台湾産は株が大きく、残留農薬が比較的低い(多くは無農薬)のが特徴です。値段は高いです。

ピクタでは、台湾産を主に入れています。

植物検疫を受けるナナ


この台湾産のアヌビアス。品質は非常にいいんですが、輸入業者泣かせのところがあります。

というのも、台湾から来る飛行機の到着時間が遅いのです。いつも到着時間は17時頃。書類の審査が終わって植物検疫を開始できるのが19時頃。検査に約1時間かかって、通関と貨物の受け取りまで含めると、空港を出るのは22時くらいになってしまうのです。

夜の空港

17時を過ぎると臨時開庁といって余計に料金も取られるし…。

魚と違うので、翌日通関すれば、いいじゃないか?という意見もあるかと思います。

勿論、春から秋にかけては、翌日通関しています。

でも、冬場は大問題なのです。

貨物が蔵置される上屋と言われる場所は、本当にただの倉庫で一切の保温設備はありません。

真冬の寒風が吹く中、一晩そこに置かれることはアヌビアスにとって致命的です。

見た目では分かりませんが、一晩空港に置かれたアヌビアスは低温障害を受け、暖かい水槽に移して2週間後にどろどろと溶け出します。

サトイモ科の植物は、非常に寒さに弱い面があるのです。

この寒さに弱い側面を理解しないで、輸入している業者は実は結構あります。
特に弊社のように、空港の側にあるところは、夜の通関もそれほど問題ないですが、遠い所ですと、殆どが次の日に通関しているようです。

冬場にナナが溶けると主な理由はこれです。勿論、保管している温度が低いと同じことが起きます。

実際、低温で管理していると枯れないし、溶けないのです。

ところが、低温を経験したアヌビアスを暖かい水槽に入れると、2週間後に溶けてしまうのです。

一晩空港に置かれたアヌビアス、低温で管理されたアヌビアス。

買う側(お店も一般ユーザーも)は分かりませんよね。

冬場、アヌビアスを買う時は皆さん気をつけて下さい。

安心なアヌビアスナナをお求めの方はどうぞ、ピクタへご用命下さい。(^^

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
スポンサーサイト
[ 2008/03/28 06:17 ] 水草 | TB(0) | CM(2)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。