スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オリジアス・ウォウォラエの棲息地 

AL247.jpg

今年の1月にオリジアス・ウォウォラエの棲息地であるムナ島へ行ってきました。

その時の様子を一部ですが、アクアライフ2012年7月号に記事として書かせて頂きました。

非常に美しい水景の中にウォウォラエは棲息していました。

また皆さんが気になっているであろうネオンブルーの正体についても確かめることができました。

興味のある方は是非雑誌をご覧下さい。

今回も、宣伝だけで申し訳ないです。(^^;

もう少しで、普通の生活に戻れると思いますので、復帰したらちょこちょこレポートしていきたいと思ってます。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
スポンサーサイト
[ 2012/06/14 16:00 ] | TB(0) | CM(0)

青い魚がまた来た!バタフライレンボー アルーⅣ 

アルー諸島から、魅力的なバタフライレインボーが入りました。

なんと、青なんです。しかも鰭が長くて綺麗!

アクアライフ2011年8月号の新着で見た方もいらっしゃるかもしれません。

バタフライレンボー アルーⅣ

実は、もっと鰭が長く青い個体がいたんですが…

ショップさんへ出荷したり、問屋さんに出荷している内に全部いなくなってしまいました。

なので、この魚の特徴は、この画像だと分かりにくいです。

つまり、実物はもっと綺麗だということです。

今はこの魚をじっくり飼うことはできません。売り切れたのは、丁度良かったのかもしれませんね。

バタフライレンボー アルーⅣ 雄

これ以上、管理できませんから…。

手に入れた方は、是非繁殖させてみてください。

小型水槽でも十分トライできるはずです。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2011/07/27 07:08 ] | TB(0) | CM(4)

オリジアスの新記載種 

夏は自然観察会のイベントが多く入っていて、なかなかブログに手が回っていませんでした。(^^;

そんな中、また凄いオリジアスが届きました。

それがこの魚です。

オリジアス

なあーんだ、前に紹介したオリジアスと同じでは?
と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、赤い部分の発色している場所と量が全然違います。

是非、以前の物と見比べてみて下さい。

胸びれの赤さも目立ちますが、お腹にまで赤い色が発色していて非常に派手な色になっています。

オリジアス ペア

このように、♀にまで赤がはっきりと確認できます。

実は、今回紹介したオリジアスに新しい学名がつきました。その原著論文に記載されたのが、この赤いタイプの方です。

では、最初に紹介したオリジアスspネオンブルーの方は何者?という疑問がでてくるかと思います。

私も、正直詳しいことは確認中ですが、原記載された種類のローカリティ違いではないかと思っています。

いずれにしても、この赤いタイプの方が実際の記載種になりますので、混乱を生じないよう報告させて頂きました。※交配する時は、絶対混ぜないようにお願いします。

正式な学名は、ALの新着の所で記載したいと思っています。

それから、最初に紹介したオリジアスspネオンブルーのその後ですが、数社のシッパーに採集地が読まれ、ぽつらぽつら輸入されています。

今後の入荷状況は正直、全く読めません。

しかし、繁殖は当初の予想通り、非常に簡単にできる魚でした。なので、今後殖やせる卵生魚として普及していくと思われます。繁殖の仕方はニホンメダカと全く変わらないので、初心者の方でも楽に取り組むことができます。

これはある意味、新たなジャンルの熱帯魚が登場した感じです。

弊社でも、国産物の出荷がそろそろ出来そうです。楽しみにお待ち下さい。

よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2010/07/11 04:41 ] | TB(0) | CM(2)

オリジアスspネオンブルー?の画像公開 

以前に、話題だけ振らせて頂いた青いOryzias(オリジアス)の写真を撮ることができたので、ようやく公開させて頂きます。

本当は、海外報告の続きをさせて頂きたいのですが、先にオリジアスを片付けてしまおうかと思います。(^_^)

オリジアスspネオンブルー

形は正にニホンメダカですね。何だか、親しみの持てる形です。
ちなみにオリジアスは稲の学名に由来します。つまり、稲のあるアジアの水田で繁栄してきた魚なんです。


青いオリジアス

一見プロカトーパスですが…

ブルーのオリジアス

表面の光沢の感じが違います。
プロカトーパスは、ベタっとした色ですが、この魚は、鱗の表面の感じが違うのか、ラメっぽく光ります。
ヒレの赤もアクセントがあっていいですよね。

いかがでしょう?

オリジアスにもこんなに綺麗な種類がいるんですね。
本当に最初見た時はたまげました。オリジアスのイメージが根底から覆ったもので…

ちなみに♀は、プロカトーパスと同様地味です。

サイズですが、成魚で4cmくらいあります。
体高もあるので、なかなか見映えのする魚です。

産卵形態も、ニホンメダカ同じようなので、プロカトーパスよりも繁殖が容易だと思われます。

また、詳しいことが分かれば紹介します。

この貴重なオリジアスですが、私の所だけで置いておいてももったいないので、連休明けにほんの少しだけリリースする予定です。

興味のある方は、個別にお問い合わせ下さい。


よろしければ、ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログ グッピーへ
[ 2010/04/27 23:00 ] | TB(0) | CM(3)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。